カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

9/10 初披露は初挑戦!

こんな仕事してますけど、

けして 

目立ちたがりでも

出たがりでも なく。

むしろ、

引きこもり人見知り

だったり するんですが・・・。

旦那様も、

けっして社交的とは

お世辞にも

言いにくいですし。

どうして リョウタンが

あんなに 

目立ちたがり なのかが

わかりません。

日曜日。

市のコミュニティセンターでの

太鼓の発表会

といっても、

敬老お祝い会

お呼ばれ

されまして。

1年生2年生だけ

だったんですが、

2年生曲目

メンバー

足りないとの事で、

1年生から ひとり

入れる事に なったのです。

先生が、

説明を終えるやいなや、

「ハイっ!」

と、手を挙げる リョウタン。

その曲目は、

まだ夏休み前から

練習まったばかりの

未完成曲。

もちろん1年生は 

初披露だし、

誰も やろうとしません。

恥かく可能性が 

高いでしょ。

しかし、

リョウタンは、

そんな事は おかまいなし。

『やりたいから やる。』

いたって シンプル です。

目立って、

前へ前へ出る。

ストレス 方が、

緊張よりも

大きい のでは?

立ち位置や ハケなど、

一通りチェックした後、

本番は すぐに

始まりました。

ここからは、

撮影禁止!

そういう方針なのです。

ただ、

いつもと違って。

レンズさず

リアルに見る 

我が子姿は、

むしろ、

レンズを通してる

よっぽど冷静

見れるような 

気がしました。

リョウタンは、

あまりにも 立派

こなしたので、

驚いた のと、

少し、 

遠くに感じてしまい、

ちょっぴり

が こぼれました。

まだまだ

これから可能性。

たっぷり 持ってるんですよね。

の 知らない

リョウタンの一面は、

もうすでに、

に 向かっている もの 

では、 

なくなっていました。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ