カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

8/8 居眠りzzz

うだる暑さに 体力を奪われた 母は、

夕食後、呑んだくれた親父のように

しばし居眠りzzz

ちょっとだけの つもりが、

思った以上に 爆睡してしまった。

現実かの境を さ迷っている

薄ら記憶の 途中、

笑いと、痛みで目が覚めた。

読んでいた雑誌には、

よだれの跡が残り、

時計は20分も過ぎていた。

目の前には、

リョウタンが、

おもちゃの医療セットを持って 

笑ってる。

その後ろで、

ケタケタと 同じテンションの葵マン。

警戒心を解いて、

敵に 背中を見せてしまったような 気がして、

不安がよぎった。

戻ってきたチャイちゃんが、言った。

チ 「鼻、どうした?」

えっ・・・?

どうなってるの?

 「雑誌のインクでも 

   付いたのかな?」

 「鼻 打った?

   紫色になってるわよ。」

いや・・・

全く記憶はないけど、

なんか・・・痛かった。

持ってた携帯に 

自分を映して 見てみたら、

確かに、鼻の片方が

紫色に なっていた。

どうしたんだろう・・・。

子供だっ!

 「ちょっと!

   寝てる間に なにしたのよっ」

ニヤニヤしながら、

リョウタンが、おもちゃのピンセット

つまむ しぐさをした。

母 「えっ!?

   それで・・・つまんだの?」

 「わははははっ」

母 「ちょっと、青くなってんじゃん!

   ひどい・・・どんなつまみ方したのよぉ。」

でも・・・

敵に背を向けた方が 

敗北か・・・(;_;)

母親は・・・居眠りなんて、

するもんじゃない(>_<)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ