カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

1/31 有言実行

スイミングに通う おふたりさん。

そろそろ 同じ練習内容に 見飽きてきた母。

母 「リョウタン、気合い入れていきなっ!

   今日は テスト だからね、

   サンタさんに、なんて言ってもらったか覚えてる?」

り 「うーん・・・

   『きみなら できる』 って言ってた。

   そっか、りょうた君 サンタさんと約束したもんね。

   13級に なるっ!」

母 「よ〜し! その調子だ。

   有言実行だぞっ!!」

急き立てたものの、

正直 期待はしておらず・・・

だって 13級の壁は

水中で目を開ける事 ですから。

彼にとっては スキージャンプ級の覚悟です。

ところが・・・

コーチがやってきて

コ 「亮太君の お母さん♪

   受かりましたよ、13級。

   おめでとうございます!」

更衣室に響き渡るくらい

興奮気味で 驚いてしまいました。

まさか あのマイペースさんに

そんな成り上がり願望が あったなんて・・・。

まさに 有言実行

母 「リョウタン スッゴイじゃん!

   13級おめでとう。

   これが 有言実行 だよ☆」

リョウタンは、

黙って帽子の14級バッチ

ベリっと剥がして 13級につけ直し、

14級バッチを ポイッとすてました。

り 「オレ 13級だし、いらんし。」

母にはもう、

銀幕スターにしか 見えません(;_;)☆

カッコイ〜〜

DVC00451.JPG

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ