カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

6/10 暗闇の涙

ずっと前に リョウタンに こんな話をしました。

母 「りょうた君、 きみは18歳になったら

   この家から 出て行くんだよ」

り 「えっ、 どうして?」

母 「18歳は 高校を卒業する歳。

   その後の人生は 自分で決めて 生きていくんだよ。

   勉強したいなら 大学に行けばいいし、

   仕事がしたいなら お仕事すればいい。

   自分で考えて 決めていくの。」

り 「あおいちゃんとも お別れ?」

母 「そうだよ。 

   あおいちゃんはお嫁に行くから

   旦那様と一緒に暮らすんだよ。

   アッという間だから 今のうちに

   いっぱい遊んで 仲良くするんだよ。」

4歳のリョウタンには 早すぎる話ですけど、

本人には 理解出来たようでした。

それから 1か月くらい経った ある日の夜。

なかなか寝付けなくて いろいろと暗闇の中で

楽しくお話していた時の事・・・

  

急にリョウタンが静かになり、

寝ちゃったのかな? と思ったら、

なんだか 泣いてる? ような すすり声。

 「りょうたん。 泣いてるの??

   どうした?」

り 「りょうた君、18歳よりもっと

   ママと 一緒に・・・いたい。

   あおいちゃんと 一緒に・・・いたい。」

 「えっ そんなに深刻に考えてたの?

  

   ごめんね・・・。

   大丈夫だよ。

   18歳の時に もっと一緒にいたいって

   リョウタンが そう選択したのなら

   一緒に居ても いいんだよ♪

   本当はママだって ずっと一緒にいたいんだよ。」

り 「ほんとに?  

   ありがとう。」

なんか・・・お話しながら 母も泣いていました。

ずーっと その事を 頭の片隅に考えていたのかと 思うと

心が痛みます。

本当に ごめんなさい。

でも、きっと母は この夜のこと、

ずっと忘れないと 思います♪

なんだか 嬉しかったから(^−^)

DVC00035.JPG

パパお手製の「ジオン軍」のTシャツ☆ (ガンダムです・・・)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ