カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

2/8 はじめてのおつかい

夕方出かけていたら、すっかり遅くなってしまい、

慌ててスーパーへ寄ったのですが、雨が降ってきました。

あらら・・・傘はないし、葵マンもいるから 3人で行くのは大変。

あっ!そうだ。

母 「ねえねえ リョウタン♪

   雨降ってて大変だからさ〜

   食パン と しめじ 買ってきてくれない?」

り 「いいよ。」

母 「しめじ 茶色い頭のいっぱい入ってるヤツ。 

   わかる?

   食パンは、5枚切りね。

   行ける?」

り 「いいよ。

   リョウタ君、 シンケン赤 だから 行って来るよ。」

母 シンケンレッド だけどね・・・ まいっか。」

こうして、リョウタンはスーパーの中へ走って行き・・・。

わからなかったら 聞いてね♪ とは伝えたけど、

だんだんと心配になってきた・・・ 大丈夫かな?

なんか実際行かせてみると、心配でしかたない。

時間が長く感じて こっちが焦ってきた。

余計な心配がドンドンと押し寄せてくる・・・ どうしよう(;_;)

結局、車のカギを閉めて

スーパーのレジまで 様子を見に行ってしまいました(・−・;)

こっそり のぞいてみると・・・

あっ いたいた・・・ 

レジのおばさんに お釣り入れてもらってる・・・。

うわっ 来た!

なんかわかんないけど、 あわてて隠れる。

リョウタンは 満面の笑みを浮かべて

猛ダッシュで走って出てきた。

F1001232.jpg

出口の扉の裏側で待っていたので、

「リョウタン!」

声を掛けると、

 「ただいまっ!」

めちゃくちゃ元気のいい 自信満々のお兄ちゃん!という感じ。

こっちが面くらうくらい、嬉しそうに、早口で話しだした。

り 「あのさー パンさー  ママ 『5』っていったけど、

   オレ 『6』 にした! 『6』 の方が強いもん。」

「オレ」って♪ (^−^;) )

り 「あとさー  しめじ なかったよ。

   オレ聞かなかった。 ないから!」

母 「そっかそっか♪ じゅうぶん じゅうぶん(^−^)

   ありがとう! よく頑張ったね。」

たったこれだけの事なのに、なぜかとっても輝いてみえました。

私が4歳の時に1人で行けただろうか・・・ たぶんムリ(^−^;)

リョウタン、スゲーよ!!

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ