カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

8/10 子供への感情

いろいろのバタバタで、(わかりにくい(^−^;))

「余裕」がないせいか、自分でも「大人げないな・・・」と思うくらい

矛先を子供に向けてしまうことが多々あります。

夏休みだから。 暑いから。 イヤイヤ期だから・・・。

いろいろ 理由を付けてますが、結局は自分のの問題。

相手はたったの3歳。

世の中に3年しかいないのに・・・。

そりゃ、わかるはずがない(^−^;)

こうやって文章にしてみると、簡単なことで・・

冷静に感じますが、

毎日続くと 冷静さ感情的に変わります・・・。

自分の未熟さに 情けなさがブレンドされて、後悔の毎日です。

「余裕」 って作り出せるものじゃないですよね。

かわいくてかわいくて憎たらしい。

おそらく、社会生活では得られない感情です。

冷静さを失って感情を出すなんて、

自分にこんな一面があったなんて、子供ができるまで

思いませんでした。

こうして文章にしてみると、かなり冷静になります。

感情的な時に こんな風に思えませんが、

今ならわかります。

母親は、子供にだけは、本質的な部分を見せられるんでしょう。

人前では「プライド」「作り」がありますが、我が子にだけは

ありのままの自分をさらけ出せるんでしょうね。

子供が甘えてるんじゃなくて、母親が甘えてるんです。

それでも 自分を嫌いにはならないだろうという、絶対の自信が

あるから、言いたい事言って、傷付けてしまったりするんですね

だから、私は子供達をもっと離して見る努力をする事にしました

嫌われないように気を使うわけではないですが、

一個人として、見ればもっと冷静になれるような気がします。

しかし・・・

文章にするのは簡単です(^−^;)

実践が大事なのですからね♪

夏休みもあとわずか。

がんばれっ お母さん!

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ