カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

1/11 第六感

幼い子供は第六感がある。というのを聞いたことがあります。

そして、リョウタンにも・・・まさか?とは思ったが、確かに何度か

そういった事があります。

今日はその体験談をお話しましょう。(怖い話ではないので!)

例えば、近い話から、先週の事・・・

朝なかなか起きないので起こしに行った時、

母 「リョウタン、おはよう♪ もう7時半だよ〜

   今日ゴミの日だから、早く起きてね。」

と言ったら、寝ぼけたリョウタンが一言・・・

 「今日ガラスの日?」

 「えっ!? なんで知ってるの??」

そうなんです。 今日は 「ガラスの日」 です。

しかし、3歳児に ガラス=ゴミ なんて知識はないし、

確かにチャイちゃんと前の日に話しましたが、

本人はいなかった・・・なぜ???

そして、先日車に乗って友達のうちに行った時の話・・・

知らない道を左に曲がろうとした時、リョウタンが一言。

り 「左に行くとポストがあるよ。」

母 「はっ?」

軽く聞き流そうとしたら・・・

 「ぎゃー ポストだ・・・」

さすがに鳥肌がたちました(−_−;)

そして、今日の夕方の話・・・

葵マンがリビングでヤーヤー言ってるので覗いてみたら、

何かを欲しがってる様子・・・よく見るとサンタさんに貰った

ポシェットを欲しがってるようなので取ってあげました。

すると、その後帰ってきたリョウタンが一言・・・

り 「ママ、葵ちゃんがサンタさんにもらった首にかけるヤツ

   欲しい欲しいって言ってるから取ったって♪」

母 「えー!? なんで知ってるの???

   さっき取ってあげたから・・・だ だいじょうぶです・・・」

走って確認しにいったリョウタン。 安心して戻ってくると、

り 「ホントだね♪ 早く取ったってね。」

 「はい・・・」 (;_;)・・・怖っ。

なんなんでしょ?

わが子でこういった経験ある方いますか?

本物の不思議ちゃんです・・・。

20081230.jpg

このブサイク顔・・・なんかオーラ見えますか?

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ