カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

10/2 我が家の可笑しな決まりごと。

孫が誕生日の時は、必ずジィジがケーキを買ってきます。

毎度、 全部バラ で!!

しかも、時々ひとつだけケーキじゃなくてシュークリームの時も・・

勝負事が好きなジィジが主催でジャンケンをします。

小さかろうがなんだろうが、全員参加でジャンケンして、

勝った者から好きなケーキを取っていっていいのです。

その名も 「ジャンケンケーキ」

シュークリームは好きなんですが、自分で選んでシュークリーム

なのと、負けてシュークリームなのは全然ちがいますからっ!

しかし、悲しいのは、自分の誕生日なのに、一番負けた時・・・。

時々、子供が本気泣きして、一気に空気が重くなることも・・・。

それでもジィジはこう言います。

「勝負は勝負だ!子供でも関係ない。 負けは認めろ!」

ごもっともですがね・・・まあ、うちの姪っ子甥っ子も甘ったれ

ばっかなんで、このピンと張った空気の本気勝負は良い教育

なのかもしれません。

悔しいという思いは向上心へもつながりますからね!

先日、栄君(姉の子)が誕生日だったので、早速我が家で

ジャンケンケーキが行われました。

もちろん、リョウタンも参加。

意外にもリョウタンは勝ち抜いてましたが、ケーキに魅力は無い

ので、ジャンケンをしたことに喜んでただけですけどね〜

まだ、勝ち負けの悔しさまではわからない年ですから。

次の誕生日は元旦のリョウタンです。

元旦のジャンケンなんて、負けただけで倍凹みますけどね・・・。

20080919

ちなみに葵マンが次の日から、

「ジャッケン ポゥ」

って言うようになりました(^−^)♪ すっご〜い!

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ