カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

10/24 手紙


今朝、でかける前に息子から手紙をもらいました。

「お母さん」という題名の手紙でした。


今日 私は、年に一度の乳がんの定期健診の日。


少しリスクのある私は、一年に一回市民病院で検診を受けなくてはいけません。

一年前から一年後の予約が入っています。

こんな検査なんか受けたくない。と思ってから一年経ちました。(早いな・・・)


ブルーな朝を迎えた私に、そっと手を握ってくれるような

そんな幸せな手紙でした。



内容は こうです。


「お母さんへ

ぼくが産まれるのに 4日もかかったなんて しらなかったよ。

子供を産むのは 辛いことですか?

それでも ぼくを産むことにしたお母さんは すごいと思います。

お母さんが ぼくを産んでくれたことを 誇りに思えるように 生きていきます。

産んでくれてありがとう。   亮太より」

IMG_0364.JPG

こんなすぐ傍に 私を必要としてくれている人が居て、

私以外の誰かが 私を大切に思ってくれている。・・・それは「幸せ」です。


なんとなく、いつ終わりがきてもいいように生きている自分に反省しました。

そういう事を口に出すのは、この子達を傷つけてしまうだけです。

自分の存在価値が、わかっていなかったのは 私です。

この授業を受けなくてはいけなかったのも 私自身です。



これは、学校の授業の中で書いた手紙のようです。


数か月前に、

我が子を産んだ時、どんな気持ちで産んだのか、

産まれた時にどう感じたのかをアンケート調査で書いたのを ふいに思い出しました。


「命の学習」

今は、「命」の大切さを学校で教えてくれるんですね。

人任せにしていては いけませんね。親ですから。


私は 教えていただろうか・・・。

当たり前の事で、触れにくい事で、大切すぎて

つまり、説明できていません。


ただ、この手紙は、

十分に本人には伝わっている結果でしょうか・・ね。


でもね、

人任せではなく、今度は自分の言葉で伝えていこうと思います。

何よりも大切なあなた達の「命」について。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ