カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

1/24 将来の夢


ピアニストの産科医の
ドラマに ハマる

小学生ふたり。


ふたつの顔を持ち、
それぞれがプロフェッショナル。

なんていうのも
当たり前の 時代というか、

『二頭追う物は一頭をも追えず』

なんて言葉は、
すでに、 
時代に 合ってないのかも
しれません。



 『じゃあ、亮太は大人になったら、
   何の出来る何 になる?』


亮太 『そうだな〜
     ピアノの弾ける 調律師!』


母 『当たり前じゃんっ!
   ピアノ弾けるから、
   調律師なんでしょっ』


いまいち わかってない(笑)


亮太 『そうだっ
     ピアノの弾ける、プロモデラー!』


母 『結びつき方が センスないわ〜』


この後、
ピアノの弾ける・・・ を
言い続けていました。

結局 ドラマの影響です(笑)

IMG_6151.JPG
亮太 『ピアノの弾けるトゥルーパーは?』

 『トゥルーパーには なれません!』

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ