カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

1/20 心を育む


自分達は
恵まれていて、
とても幸せなんだ。とは、
日常的には ほぼ忘れています。


お正月、ある施設への慰問。

お正月という事で、
太鼓のイベントに参加しました。

ここは、障害者の施設。
こんなに沢山も・・というのが
最初の驚き。

身近にも いらっしゃいますが、
集まりには 行く機会がないので、
正直、驚きと戸惑いが
あります。

子ども達には、
事情を親から説明するように
言われたので、
丁寧に 説明しました。

子ども達は、
真面目に、一所懸命に
太鼓を叩きました。

子ども達にとっては、
相手が誰であろうと、
変わらない。のですね。

いつものように。

そう、何も変わらない。
同じ人間 です。
IMG_6033.JPG

終わった後、
一緒に 持ちつきをして、

同じテーブルで
お餅を 食べました。

子ども達が どう感じたのか
気になりましたが、

子ども達は、
何も 変わりませんでした。

ただ、
『自分はやっぱり、
 恵まれている。』
と 感じたようです。

それで いいのです。

そう感じたのであれば、
いつか 身近に障害者の方と
出会った時、『支えになろう』
自分から 考えられると
思うのです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ