カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

1/14 子供のストレスと 家庭の在り方


3学期が 始まりました。

長く付き合って来た
クラスの友達とも
すっかり 仲良くなりました。

この頃になると、
友達との付き合いも
徐々に 深くなって行きます。


2人とも、
さっぱりした 性格なので、
学校では 友達と
うまくやれてる みたいです。

大人でも 人づきあいは 難しい。

上手に出来ない人も 
たくさんいます。


子どもは 大人よりもっと
ストレートですので、
お互い 傷つけあう事も 多々。

嫌な思いは 大人の何倍も
していると 思います。


相手の事を 思いやる。とか、
周りを よく見る。とか、
自分だったら・・ と置き換えて
考える。とか、

友達との 付き合いから学ぶ
事って たくさんありますね。

学校が なんで必要なのかって、
不特定多数の 人の集まりの中で
ソリの合う人と そうでない人が
同じ箱の中で 学ぶためには、
そうでない人とも 
うまくやる必要がある。という
本当の 『我慢の意味』 を知る事
なんですよね。

自分を通せない 現実を知る、
最初の小社会 なのかもしれません。


そう思うと、
学校に行ってる時間、 
子供達は、たくさんの『我慢』
していると 思うんです。

でも、誰でも通る道だし、

それは、
経験であり、試練では ない。

大切なのは、
それらの 小さなストレスを
すっかり 忘れて
安心出来る場所 を
親である 私達が
作ってあげる事 だと思うのです(^−^)

そう考えると、家では 出来るだけ
ゆったりと 過ごさせてあげたいな、
と 思いますね♪

当たり前に
美味しいな。とか
気持ちいいな。とか
甘えたいから 甘える。とか

五感で感じられる ような
癒しの時間が ある。

自分の帰る場所に、
そうした幸せを 感じられる時間があれば、
もっと ストレスは なくなると
思いますし、

前向きで 自信持った人に
なれるような 気がします。


ストレスを溜めたまま
大人になっていく
子ども達が 増えてるのは、
とても つらい。

支える大人 みんなが
そうなって 欲しいです。

IMG_5473.JPG
起きてきたけど、まだ眠いぃ♪

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ