カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

12/6 おもしろ学校ごっこへ。


『おもしろ学校ごっこ』

半年に一回 開催される、
一日体験学校。

1994年から 続いていて、
今回は 記念すべき 50回 でした。


自分が 子どもの頃に
経験した事のある 親御さんも
いるのかも しれませんね。


日頃は、
小中学校の教員医者、
出版社の編集者 だったりする方が、

この日は 教壇に立って、
学校では 教えてくれないような
おもしろい授業 を やってくれます。



高学年で 参加した亮太は、

一時間目が 国語。
二時間目が 医療。
三、四時間目は、布地のしくみと機織り



一時間目の国語は、『落語』の話。

ドイツのグリム童話を
日本に広めた 落語家さん達は、

日本人向けに 内容を変え、
面白おかしく 直して伝えたそうです。


落語には、笑いがあり、
「落ち」 があります。

みんなで笑いながら、
想像しながら、
落ちを考えていく 授業。

一緒に参加した私達も
大笑い。


毎日が こんな楽しい授業なら、
学校嫌いは なくなるのにね♪


子ども達の 日頃の様子が
こんな風なのかな〜 と想像しつつ、

出来るだけ 口を出さないように
静かに 見守りました(^−^)



二時間目は、『医療』

お医者さんが 教えてくれない
本当の病気のしくみ。

平均体温は37℃だって、
知らなかった。
(微熱では ないんですね〜)


エイズは 本当は、
感染しにくい 病気。

その病気のしくみ から、
偏見に さらされる事の過ちを
詳しく 教えてくれました。


親の知識が 曖昧な部分を
こうやって、先生が
深く掘り下げて 教えて下さる。

親もみんな 大きくうなずきながら
一緒に知識を 蓄えていました。



お昼を挟んでから、

三時間目と 四時間目には、
『布地のしくみと出来るまで。』

布地って 
一本の糸から 出来ていて、
どういうしくみで 
布地に なるのか。

機織りを 使って、
みんなで 考えます。

二時間かけて、
コースターを 作りました。


その間、
親は別室で『懇談会』


中学校って どんな所?

自分達の時代の 思春期と、
今の子ども達の 思春期

先生が生徒と触れ合う時に
気を付けている事。

中学校の
本当の裏側。など。

質問タイムもあり、
色々と教わりました。


我が家も あと数年で中学生

何もわからなかったので、
とても 参考になりました♪


IMG_5560.JPG
終わった後は、
雑貨屋さんで お買い物したり、

IMG_5574.JPG
イルミネーションを 見たり、


IMG_5577.JPG
弟分の友達と一緒に
夕飯を 食べに行きました♪



楽しかったようで、
絶対に行きたい って!

本当の学校も 
このくらい 強く思ってくれたら
いいんだけどね(^−^;)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ