カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

10/4 子供からの気遣い


季節の節目なのか、
体調がすぐれない日が 続きます。

こういう時は、
何かと 揺り動かす力が
湧いてきません。

いつもと同じ事をする時でも、

『やりたい』 より
『やらなきゃいけない』 に
なってしまい、
ストレスを 感じてしまいます。

毎日の。いつもの。
ひとつひとつの行動が、

やらなきゃ・・ になるのは
苦痛 です。


そこに、
子ども達が 帰ってきました。

『おかえり〜』の笑顔は 作り笑い。

本心は、『もうそんな時間か・・』と
逃げたいような 思いです。


女の子は、
このくらいの年齢になると、
親の様子を 察知するようになります。
(それだけストレスも感じやすいのかもしれませんが・・)


なんとなく、母親の調子の悪さを
察知した葵は、

台所へ行き、
お兄ちゃんが 太鼓へ行く前に食べる
いつもの おにぎり を
作り始めました。
IMG_5112.JPG
作った事は、あるけど、
何もかも 私が準備してからであって、
一からやったのは、初めて。


IMG_5106.JPG
中身のない、塩味もない
ただ握っただけの おにぎり でした。


それでも、
自分で考えて、「やってあげたい」 と
思ってくれた 行動。

優しさと、包容力に、
寄りかかれる気持ちが 生まれ、
なんだか 楽になりました。

成長を褒める 親目線というより、
助け合う 家族という仲間 として
彼女の存在に 感謝しました。


親だから。と

我慢する必要なんて 
ないんですね。

子どもにだって、
頼って いいんですね。

この子を 産んで良かった。


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ