カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

12/4 長い長い 勘違い。


夏前に、亮太児童クラブを辞めて、
「毎日3時には子どもが家に居る。」
という日常に 変わりました。


どうしてなのか、
子ども仕事邪魔で、
子どもが自分の周りに居ては 仕事が出来ない。と、
かなり強く 思いこんでいました。


だから の時も、
仕事が忙しくなったから、幼稚園では時間が短すぎる。
保育園に変えなくては!と、
当たり前のように保育園変更しました。


確かに、亮太学校から帰ってくると、
「ねえママ聞いて聞いて♪」と、
まとわりついてきます。

ただ、お仕事の途中だという事は、分かっているので、
自分なりに遠慮したり、コーヒーを入れてくれたりと、
気を遣っては いるようですが・・、

でも目の前母親が居たら、
たしかに 話したくなりますよね。



私は というと、
3時に帰ってくる。と思うだけで、
やっぱりそれ以降の仕事は 集中出来なくなります。

だからこそ、それまでに重要仕事済ませよう。と、
むしろ仕事メリハリがつき、
効率良く動く事が 出来るようになりました。


子供に、好きじゃない児童クラブ無理に行かせて、
お金払って、自分も思うように はかどらなくて・・・

そう、あれはなんだったのかしら?(苦笑)



時間の使い方は、自分次第。

誰にも束縛されないで 独り仕事している分、
思ってる以上に時間無駄に使ってたんでしょうね。

結局、『誰か』が 入る事で、
時間1人の物ではなくなる。

『誰か』があるだけで、時間はずっと価値のある物
なるのかも しれませんね。


1人で何でも出来ると 思っていた自分は、
勘違いだったのだと、やっと知ったような気がします。



IMG_2787.JPG
おやつは、ず〜っと駄菓子
児童クラブで 戴いていました。

でも今は、3時に帰ってくるから、
おやつ一緒に食べてあげたい。
できれば、温かいおやつを食べさせてあげたい♪

そう思ったら、自然おやつ作りの時間
出来ていました。不思議です(^−^)


いままで足りないと思っていた時間は 
だったのでしょうね♪(^−^;)

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ