カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

10/4 ラジオを聞きながら♪

仕事しながら、

いつも ラジオを聞いています。

おもに 「らじるらじる」

NHKAM放送です。

テレビラジオも 

どうも、CM雑音感が 苦手なので、

ついついチャンネルが 

決まってしまいます。(^−^;)

最近放送は、 

子供の頃と 違って、

充分に 若い世代いていても

しめるような 教養のある

新鮮な 内容になっていて、

はじめて いた時には、

自分の思っていたイメージ

(工場、お年寄り、堅苦しさ)からは、

かけれていて きました。

そんな時・・・

午後ラジオスクランブル

聞いていると、

樋口了一さんの

「手紙〜親愛なる子供たちへ」 

というが流れて来ました。

http://www.youtube.com/watch?v=55EjDYHlMHc

老いた母が、

子供に向けて 書いた手紙

という内容の詩 です。

思わず マウスめて

きいってしまいました。

どうにも 止められない涙

からに あふれて来ました。

両親と 暮らす私にとって、

とても他人事には 

こえない内容 「詩」 

だったからです。

ここの所、

あまり気持ちが 高揚する事が

なかったので、

自分でも き ました。

いつか自分にも来る 「老い」 を

知らないふりを してはいけないな。 

と、めて感じました。

だけでなく、

子供達も、だんな様も・・

『存在を当たり前にしない。』

頭の中に、

ひとつメッセージ

かびました。

自分にとって、

必然だった、出会いの歌

だったと思います。

興味があれば、

いてみてくださいね♪

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ