カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

4/20 信頼関係

愛知県犬山市の

『モンキーパーク』 遊園地

イベントスペースにて

和太鼓「塵輝」への(先生の太鼓チーム)

出演依頼が あり、

リョウタンも 

少ない演目を 引っ提げて

小学生教室「日輪」の 

お披露目として

参加させて頂きました。

http://www.md.ccnw.ne.jp/drummerjj/kouza.html

(和太鼓教室『日輪』HP↑)

総勢40名ほど。子供ばかり。

でも、可愛い だけじゃない!

練習を ねた自信は、

演奏家の  です。

1時間演奏

曲数10曲は あるかな。

使う太鼓も によって それぞれ

配置 曲よって 

全て 変わります。

高学年ともなると、

半分以上 参加します。

レジメが ないので、

リハだけで それら全て

 叩き込みます。

子供達、開始2時間前

めて 流れり、

毎週練習では、

流れ 伝えられていません。

リハから、集中して

れるのです。

くのは、

も それにして

不安そうに していない

このマニュアル時代

「あうん」 が通用するのです。

先生 子供達との

信頼関係 なのですね。

先生は子供達を信じてる。

子供達は先生を信じてる。

どちらもが 

相手の思いに答えたい。 と 

じているのが 分かります。

よっぽど、親子関係の方が

希薄なんじゃないかと・・・

思ってしまう ほどです。

その証拠に、

先生が、途中MC 間違えて

曲紹介を してしまった時、

子供達は、

自分達 スタンバイしている

ではない 曲目

紹介されているにも かかわらず、

も 動揺 して

いなかったのです。

そして・・・

先生が がついて、

謝罪したの 演奏

ビックリしました。

子供達は、

先生を フォローするかのように

観客 意識して

げていくのです。

空気を えていこうと

全員 思っているのが、

いてる こちらに 

わってきました。

そんな事、

も教えていないのに、

1パフォーマー としての

誇り を持って 

取組んでいる証拠ですね。

子供達 今持っている力

100%引す。

には 出来るだろうか・・・。

もっともっと

簡単な 単純

「それ」 は 

あるのかも しれません。

もう一度、

ゆっくり いた目線

我が子を てみたい と

思いました♪

「好きこそ ものの 上手なれ」

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ