カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

3/22 富士山への挑戦が始まる


今年の夏休み、

もう一度、富士山に挑戦する事になりました。

前回はパパと亮太でしたが、今度は妹も一緒です。


夏までの5か月で、足腰を鍛えるためと、

山登りの体作りのために 徐々に標高を上げながら、

週末を利用して山を登ろうと思います。



まず最初に選んだのは436mの弥勒山。

ならしには丁度いい高さです。


私は以前、もう少し頑張った山の下山途中、

一歩も前に進めないくらいの

膝のダメージを受けてしまったため、

後遺症が残り、情けないくらいのスピードでしか

進む事が出来ません。


本当は、

このくらいの山でも記憶がフラッシュバックし、

恐怖なのです。

ホント、山は なめてはいかんのです。


だから今日の山登りは、ひさしぶり。

これまでスポーツジムで少し鍛えていたので、

挑戦してみたかったのですが

本心は不安でいっぱい。


でも、

子供達と会話しながら山を登るなんて、

楽しいに決まってる。

子供達も、私と一緒に登るのを

楽しみにしてくれています。

脚が痛いからって理由だけでは 断りたくないのです。



朝6時半に起きて、お弁当を作りました。

おにぎりと唐揚げと卵焼きとブロッコリーの肉巻き。


ひさしぶりのお外でのお弁当。

それだけでワクワクします♪



ここから山のふもとまでは車で30分くらい。

お天気も最高だし、あったかくてポカポカしています。



ふもとのスタート地点に到着し、いざ出発!


春の山は十分に葉が落ちた木々の隙間から

鮮やかな緑色の草花が青々と見えていて

とてもきれいです。

色々話をしたり、歌を歌ったりしながら、

1時間半ほどかけて登って行きました。


途中、イノシシや猿の出没注意の看板を見て、

笹の葉の揺れる音にドキドキしたり、

靴との相性が悪くなって足首が痛くなったり、

単調ではないけど、

それでも山頂での達成感は爽快です。


自分の足でしか見る事の出来ない景色が そこにはある。

昔の人もそのまた昔の人も、

同じ景色を見ていたと思うと、

特別な思いがあります。

IMG_2439.JPG


山頂の東屋でお弁当を食べる事にしました。

疲れた心と体に、手作りのお弁当は、

本当の意味での充電です。

特別なメニューではないけど、

ここで食べる事がなによりの『特別』です。



葵がお弁当を食べながら、小さな声で こう言いました。


『ママ、朝早くからお弁当作ってくれてありがと。』



えっ?♡

そんな風にストレートに感謝してもらえるなんて。


『葵は優しいね。こちらこそ 

 そんな風に言ってくれてありがとう。

 頑張って作って良かったって思えたよ。』


なんか ジーンと来ちゃいました。



心の中に思ってる事って、

言葉にするのは恥ずかしかったり

言いそびれたりしてしまいがちです。

でも、

言葉にして相手に伝える事が 人を思いやる事だったり、

支えになっていたり するのかもしれません。

気持ちを伝える ってとても大切な事だな。と、

子供から 改めて学びました。



私たぶん、

こんなに優しくないし、思いやりも欠けぎみなので、

本気で反省してしまうんですよね・・・(^−^;)


山、また登りたい・・けど、

膝が・・・痛いよぉ(´;ω;`)ウゥゥ

3/10 私は家族のお医者さん


ポカポカ暖かくなってきたと思いきや、

外を見たら、雪がっ!?

心のスイッチが春にシフトしてしまい、

暖を取ろうとする意欲がわきません。

なぜか 寒さに耐える・・・。


冬は風邪をひかないように。と念じるように過ごしてきたのに。

これを「気を抜く」と言うのでしょうね。


今月末に 家族旅行に行く予定ですので、

誰も風邪なんぞ ひいちゃいかんのです。

冬中食べてた ヨーグルトやニンニク、しょうが。

とにかく風邪予防に。と気合入れてたのを

すっかり忘れていました。

いかんです!


春という季節の変わり目は、

厄介なもので、免疫力が下がりやすいのです。

だから、春になると体調不良を訴える知り合いも

多々います。


私も数年前までは、

春が来るのを怯えていました。

春になると、なぜか片頭痛が起きやすくなったり、

何日も下痢が続いたりして。

体調が悪いと 起き上がれない事もありました。


季節と体温と心と食べ物。

全部バランスが取れてないと

ガタは 必ずおこります。



自分の身体に話しかけるように

自分を知る事。


家族は出来るだけ 顔を見て話をして、

それぞれの体調に 気づいてあげたいです。


私は 家族の一番のお医者さんでありたい。

そう思うのです。


まだまだ修行は続きます😊


IMG_13281.JPG

柚子の保湿剤


簡単に作れて、驚くほど保湿力あります。

使うのは、柚子の種だけ。


柚子の種だけ取り出して、煮沸した瓶に入れたら、

15度以上のお酒か焼酎を入れます。

時々混ぜてください。

2日経つと、とろっとろのジェル状の保湿剤が完成します。


始めは、ベタっとしますが、不思議な事に

10秒くらいするとサラサラに なるのです。

これには私も驚きました。


ちなみにこれを作っているのは、亮太5年生です。

柚子ポン酢を作る私が種を捨てているのを見て、

調べたようです。


ここ最近で一番の良い仕事をした。と、

褒めたたえました(笑)



ぜひ試してみてくださいね♪

3/6 朝活ボードゲーム会


朝はどこの家庭も戦争です。


ただ、

そう思っているのは親だけで、

子供はありえないくらい ゆったり。(;'∀')


秒刻みで動く親に対しての温度差に腹が立つので、

毎朝イライラ。

よく耳にする話です。


もちろん我が家も同じでした。


あと数分で出て行かなくちゃいけないのに

ゆったりゆったり動くのは、もしや嫌がらせなのかもしれない・・・。

本気で考えて、聞いてしまった事も。



とにかく、どうしたら朝から大きな声を出さずに

子供達を動かす事ができるのか、

考えた結果。


『朝活ゲーム会』


出かける30分前にテーブルに集合し、

ギリギリまでゲームをやるのです。


はっ?? と思われました?

小学生以上のお子さんをお持ちであれば、

ありえない・・とお思いになるのは仕方ありません。

ホントに彼らは 朝、動きの悪い動物ですから。


しかし、実はこれ とてもすばらしい名案なんですよ!


なぜかというと、子供にとっての本当の一番のご褒美は、

おもちゃを買い与える事でも、本を買ってあげる事でも

ゲームの時間が増える事でもありません。

『親と一緒に楽しく過ごせる時間』なのです。



だから、宣言しました。

「明日から、出かける30分前までに全ての準備が整っていたら、

 一緒にゲームやってあげる。」


子供達は信じられない。という顔をして、「朝から?」「ホントに?」

と、戸惑っていました。


「とりあえず、明日試しにやってみようよ。朝って時間がないよね?

  ってことは、起きたら、ご飯食べて歯を磨いて髪の毛を縛る。

  それだけ にするようにしたらいいんじゃない?」


ここから議論が始まりました。


「じゃあ、前の日の夜に全部準備しとかなきゃ。」

「着る服も決めといた方がいいね。」


母 「でも、ママが準備できてないと、一緒に遊べないの。

   ママはやる事が多いから どうしよう。

   でも絶対に一緒に遊びたい!どうしたらいい?」


兄 「俺、ご飯とか頑張る。いつもより早く起こしてくれない?」

妹 「ゴミは私が出すね。」



やりなさい!急ぎなさい!では、頭は使わない。

自分から行動しなければならない。というスイッチに切り替われば、

小学生なら なんでも出来ます。


やってくれたらご褒美。は今までも何度も挑戦しましたが、

全部中途半端で結局 「もらえないよ? もうあげないよ!」と、

脅しで終わる結果でした。


子供達は、ママが大好き。

ママと一緒に遊びたい。

しかも、ママが遊びたい♪って言ってくれてるなら、

絶対に成功させなければ!と具体的な行動案が出てくるわけです。


お化粧の時間も髪の毛を整える時間も、実際少なくなりますが、

それでも、子供達の成長の過程を応援出来るなら、

そんな事って どうでもよくなりませんか?

IMG_0091.JPG

朝起きた時、

すでにゲームのカードが配って置いてある日がありました。

本当に楽しみにしてくれている姿が愛おしくてたまりません。


裏切るわけにはいかない!と思うと、

私も 少しづつ無駄を省くように 朝の準備を考えるように成長しました。

お互いがお互いを思いながら成長していけたら

なにより素敵です(⌒∇⌒)


ページトップへ