カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

12/26 HZETTMになりたい♪


クリスマスの日。

我が家は落ち着きません。

なぜなら、午後からピアノの発表会なのです。


太鼓に合唱にピアノ

人前に出る事の多い 私の子供達は、

慣れているようで、緊張は私だけです(笑)



HZETTMに憧れている亮太は、

衣装も意識した着こなしで、ちょっと悪ぶったような

少しクラウンを意識したような雰囲気で。

IMG_1596.JPG

ネクタイが苦手で、首回りがスッキリしていないと

吐き気を感じるタイプなので、Tシャツにジャケット。

(中学の詰襟が心配です・・・(;´・ω・))


鏡を見た自分を『結構イケてる♪』って思ったみたい。

「HZETTMみたいにカッコよく弾いてくる!」

その意気込み 全然いいんだけど、

オリジナリティとか出そうとしないでよ!まだ早いからっ。

イケてるモードに入った事で、益々心配になってしまった。


無事に終わりますように♡

12/20 マクロビ6品3時間!『おせち』


本日のマクロビ教室は、『おせち料理』


その品数の多さに びっくり。


しかも、体調不良などもあり、

メンバーが たったの 3人

しかもその内の1人は 

仕事で 遅刻&早退。(マジか・・・)


全6品を、3時間で 完成食事まで

終わらせなければいけないが、

これはすでに、料理教室の域でなない気が・・(笑)


考えている暇もなく、

作業に取り掛かる。


時間が押し迫ってくる感じ。

結構ゲームのようで 楽しいのも事実。

(こういうのは嫌いじゃないよ、私はね。)



◇本日のお品書き◇


・花びら餅の雑煮 (お餅は白玉粉で作ります。)

・ごぼうの田作り (カタクチ鰯に似せて、ささがき牛蒡を使います。)

・市松昆布巻 (戻し→成型→煮含め なので大忙し(;´・ω・))

・豆腐の紅白蒲鉾 (豆腐と米粉が基本。赤は紫色でつけます。)

・かぼちゃレンコン (いわゆる「辛子レンコン」です。)

・大根セルクルお煮しめ(下茹で→炒め→煮含め。さらに人参を梅の形に)

IMG_1342.JPG

そして どうにか滑り込みで間に合った、

本日の完成おせち


見た目も綺麗☆

味も、あっぱれ美味しかったです( *´艸`)



残り30分の記憶がないくらいの集中力で、

帰宅後は、ぐったり倒れこみました(笑)

12/18 遠くに感じる我が子




和太鼓の選抜チーム『打ち抜き組』の卒業ライブの日。


夕方の公演ですが、

準備と最終練習とリハーサルのため

朝早めの集合です。


お弁当は 亮太の大好きなオムライス。

そんなくらいしか してあげられる事がない 

もどかしさ。


朝から緊張して、ドキドキしているのが

伝わってくるので、出来るだけ、

いつものように 接しました。



大きな節目になる 大切な公演である事は、

本人が一番分かっているので、

練習の成果を120%出し切って

やり遂げたい と、感じているのです。


ミスが怖いという事ではなく、

全員が成功した。ひとつになれた。と

実感できるところまで 持っていけるかどうか。


本人達だけにしか 分からない 

この公演にかける思いと、情熱は、

きっと、見てくれる全ての人に 伝わると思います。



練習もリハーサルも 全力疾走なので、

2回目のリハーサルで すでに声が潰れかけてて 

ちょっと心配。


打ち出しを20回くらい やり直しさせられたりして、

日ごろの練習の厳しさが リアルに伝わります。



そして、本番が始まりました。


会場は 満員御礼


こんなにたくさんの人が見に来てくれて、

ありがたい です。



本番は、さらに気合いと気迫が入り、

会場の温度が グッと上昇しました。


一時間の公演は 全部で8曲


このくらいの年齢の子供が 

和太鼓で8曲を完成させるのは、

限界を超えている との事。

集中力が 必要です。


始まってしまったら、もう後には戻れない。

やり直しも 効かない。


前へ前へ 進むしかないのです。



顎からポタポタと 落ちる汗と、

潰れた手の平のマメから 滲む血。


母はずっと 涙が止まりませんでした。


これだけの完成度を上げるための その努力とは、

どんなだったのだろう。


親の私達にも 想像できない程の

努力が そこにあるのだと思いました。


IMG_1465.JPG


我が子のその姿は、

すでに ひとりの演奏家としての 表情 で、

とてもとても 遠くに感じました。


もう、私の手の中には納まらない。

巣立ちの瞬間を見届ける 

親鳥 のような 気持ちです。



もう、何も 口出ししたり出来ません。


これからは、ひとりのファンとして、

一番近くで、応援していこうと 思います。

12/15 地下ライブの出演♪


初めての ライブハウス


知り合いからの紹介で始まった この話。

音楽の出来る子供達を集めて 

ライブをしようという 企画。



ピアノの弾ける友達からの 依頼だったので、


じゃあ、 和太鼓?


ってことで、 なんとなく進んでしまった 話。



ところが、軽く受けすぎた。


人前で 出来るような オリジナルなんて

ひとつもないのです。



ピアノ担当からの提案で、

『千本桜』 に決定。


ピアノと和太鼓の コラボレーション。(いいね!)



しかし、

和太鼓の事は、本人にしか わからないので、

何一つ 周りは アドバイスができないのです。


こりゃ困った。(´・ω・`) 初めての作曲 です。



和太鼓教室の友達にも 相談したりしつつ、

ホントに少しづつ 作っていきました。



しかし、

なかなか作曲が はかどりません。


自宅に和太鼓が あるわけではないし、

段ボールの箱を 叩きながらの練習は、

いまいちリズムが 取れないのです。



それでも、 受けてしまった以上、

躊躇している暇はないので、

少しづつ少しづつ 作っていきました。


IMG_1266.JPG

そして、あっという間の 当日。


ステージは小さいけれど、

重くのしかかる プレッシャー。



リハーサルの練習でも

思ったようには できませんでした・・・。



いつもの太鼓の出演なら、

十分に練習して仕上がった曲目を

10人以上で 演奏するのです。



今回は、大きな太鼓は 亮太一人。


嫌でも 注目されてしまいます。



そして、

時間がやってきました。


IMG_1297.JPG

間違えないように、何度も心の中で

注意事項を 繰り返しながら、

舞台に上がりました。



ユニット名『HIKARI』

それぞれの名前の頭文字を取った名前。

3人で 考えました♪



曲は全部で3曲。トータル15分間。


15分きっちりで収まるようにも

練習してきました。



たぶん 大丈夫♡



親の私達の方が ドキドキして 落ち着きませんが、

不思議なくらい、子供達は 冷静 で。


なんなんでしょうね(笑)



1曲目、ピアノソロで「明日への手紙」

2曲目、太鼓ふたりで「打ち込み」

そして3曲目が、3人で「千本桜」




これまた不思議な事に、

一度も成功しないまま迎えた 本番は、

なぜか 大成功!!

IMG_1298.JPG


本番に強い子供達を 持つ親は、

心労が 絶えません。



出来るんだったら、

練習から本気出してよっ!!笑


IMG_1293.JPG

笑って終われて 本当に良かった。


見ている人に 感動を与えられて 

本当に良かった。


とても良い経験を させて頂きました。



きっと、3人全員が、

自信につながったと思います。


それぞれのこれからに きっと

何か影響を及ぼすだろう、

新しい扉を開いた 瞬間 でした。


12/11 乗り越えていく背中


もうすぐ 和太鼓選抜チームの

ライブが あります。


いつもの稽古が 益々厳しさを増し、

精神的にも肉体的にも

ハードに なりつつあります。



通常の練習に加えて、

特別練習は、

朝から夕方まで あります。


週に2回の練習は、

夜10時帰宅に なる事も。


IMG_90151.jpg


私自身、

子供の頃に これほどまでに

何かに打ち込んだ 経験がないので、

ついつい甘えた発想に なってしまうのですが、

今は それが『一番の邪魔』かもしれませんね。



でも、まだ子供らしい手の平には、

何度も潰しては治って、を繰り返して

固くなったマメが いくつも出来ていて、


痛々しさが 母親の心に突き刺さります。


IMG_89211.jpg


帰り道、


「どうだった?」の問いに、

「普通・・」と愛想のない返事。


厳しいダメ出しを 繰り返し受けても

何一つ親には 言わなくなりました。



その空間を知らない他人には 理解できない。と

思っているのでしょうね。


そういうこと、

自分の思春期に記憶があります。


「ママ聞いて〜」 を卒業した我が子に、

今してあげられる事は、

いつでも味方でいてあげる事。


居心地の良い空間と 

美味しいごはん だけ。

12/8 友達との別れ


友達がクリスマスの日に 

タイ へ引越します。



3年は戻らない予定だから、

次逢う時に お互いの子供達は、

すっかり成長しているでしょうね。



亮太が企画した お別れ会に向けて

毎晩のように 準備と練習をしました。


IMG_11731.jpg

実感はぜんぜんないけど、
準備は楽しくて♪

忘れられない 心に残るような会にしたい。と、

本当に一生懸命 準備しました。



IMG_1185.JPG

(目録は亮太と私で♪)


力が入っているのか、司会進行も練習します。



子供達にとって、数少ない信頼できる友達。

私にとっても 大切な信頼できるママ友。


なかなか出会えませんよ。

親子共々結ばれる事って。


だから、寂しい。

だから、悲しい。



3年は、あっという間だと思うけど、

子育てという複雑な心の荒波を

 理解してくれる友達は

1人でも 多くそばに居て欲しい。



メールやSNSでは何も満たされません。


お互いに そう思います。



お元気で。

必ず 元気で帰ってきてください。

12/3 誕生日醤油作り


私は三姉妹です。


母を合わせて 家族女4人で、

幼い頃から、それはそれは賑やかに過ごしました。



大人になり、それぞれ結婚して所帯を持ち、

バラバラになりましたが、


幸いにも1時間圏内に住む事ができたので、

子育てを ひと段落した今、


それぞれの誕生日の日に 集まって

食事したり ドライブしたり・・と

お出掛けするのが 恒例となりました。


気兼ねなく過ごせる家族は 私の癒しです。


IMG_1188.JPG


今回は、

私企画の『醬油作りワークショップ』


毎日使うお醤油の 勉強会 です。

ひさしぶりに学生気分で 楽しかった〜♪


IMG_1191.JPG


樽に仕込んだ醤油は、一升瓶一本分。


絞る前なので、3Kgはあります。


ちょうど出産したての赤ちゃんくらいの重量。



一年後の12月に もう一度集まって、

一升瓶に醤油を絞るそうです。



醤油は、味噌と違って自宅で作るのは

かなり難しいと思いますが、


当たり前のモノほど知識が浅い事を知り、

とても勉強になりましたよ♪



おいしい醤油になりますように・・・(^-^)

ページトップへ