カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

12/30 ダブルブッキング


今年最後に、
とんでもない ダブルブッキング。

葵の合唱の定期演奏会と、
亮太(葵もだけど)の
和太鼓最後の叩き納め。(合同稽古)

同日、同時間のスタートです。


しかも、
パパがお仕事で・・・来られない。

どうしましょ〜


IMG_5744.JPG
葵の定期演奏会は、
一年間かけて 覚えた曲を
総演奏するため、今日まで
毎週がんばって練習してきた
大切な 演奏会。

ずっと以前から 
予定も決まっていたので
外すわけには いきません。


IMG_5751.JPG
でも、亮太の和太鼓は、
この日だけの 
初めて演奏する曲もあります。

そのために、夜9時まで
練習してきたのです。


日頃から どちらも
生で聴ける回数が少ないし、

成長した姿を見届けたい・・。


こういうダブルブッキングって
よく聞きますが、

親は ホントに悩みます。

どちらかひとつを 選ぶ事は 
出来ないですからね・・・。


仕方ないので、
葵の定期演奏会を前半だけ聞いて、
後半は祖父母に任せて、
車で向かうことにしました。


葵は、
こんなにたくさんの曲を
良く覚えたな〜と改めて感心♪

緊張するような雰囲気もなく、
楽しそうに 歌っていました。


前半のあと、
休憩の間に、そそくさと移動。
(市外なので、結構な距離がキツイ)

やっと到着したら、
演奏が ちょうど始まった所。
(ギリギリ間に合った〜)

万が一のために
姉にもお願いしていたので、
一緒に演奏を聞きました。


大きな舞台とは違い、
とってもリラックスした雰囲気♪

やっぱりみんな、太鼓好きなんだな〜と
つくづく感じました。



今日は 無事にどちらも見に行けて
本当に良かった。


今年も一年間、
2人には、たくさん楽しませてもらいました。
ありがとう♡

一年で随分 成長したと思います。
2人とも、自分自身に、
自信を付けられたように 感じました。

これからの成長が
益々楽しみです♪

来年も がんばってね!

12/28 冬休みのご飯


冬休みが始まり、
毎日のご飯が 小忙しい。

今日のお昼ご飯は、
子供たちの大好きな、
『肉まん』
IMG_5755.JPG
今日は、
亮太が 手伝ってくれます。

レンコンや玉ねぎ、
しょうががたっぷり入った
栄養満点の肉まん。
IMG_5758.JPG
これが、うまいっ!

亮太 『ママ、
     また オレの胃袋 掴んでるじゃん〜』


それはそれは、どーも(笑)
喜んでる ばあいじゃないっ

それが理由で
結婚しなくなったら 困る・・・。


飯の美味い嫁さん、
もらえるような、良い男になってね♡

12/26 GEAR(ギア)


念願の、
京都『GEAR』
行ってきました!
IMG_5753.JPG

外国観光客が行きたい
京都の観光地ランキング。
伏見稲荷に続く2位。

絶対にいつか行きたい!と
思っていたのが、
Xmasに 叶う事になりました。


GEAR(ギア)は、
世界レベルのパフォーマーの
エンターテイメントパフォーマンス。

マイム、ダンス、マジック、ジャグリング等、
次から次に、ストーリーと共に
出てきます。

最新の
プロジェクションマッピングや、
フルカラーLEDドレス、
レーザービームと・・。
次から次に飛び出してきます。

相反した 
古くて 今にも壊れそうな
廃墟の工場の ステージとの
バランスが 不思議な空間を
作り出します。


全くの 無声演劇なのも
面白い所。


最後には、感動と驚きが
待っています。


子供達も 
興奮と感動に
鳥肌が立っていました。

私は 感動で号泣(;_;)

やっぱり見て良かった!


若い力で 作り上げていく
日本の技術と 新文化。

みんなに見て欲しい。
お勧めしたい 劇場です。

12/24 ノリがいい!


うちの子供達は、
なぜか、とにかく ノリが良い。


行った時、

最近、カメラも持たない
私の代わりに、

マイカメラを すかさず持参し、

自分を撮れ!と、
せがむ。(笑)

IMG_0006.JPG
2人して、
あっちからも こっちからも

『ねぇ〜、こうしてるから 撮ってっ!』

カメラの角度と タイミングまで
指示してくる。(めんどくせ〜な〜)


IMG_0008.JPG
映画俳優さんにも
「写真撮って!」
と、自ら掛け寄り・・・

「刀を振り上げながら 撮りたいから
 その刀抜いて 貸してくれない?」

と、まさかの指示(笑)

俳優さん達も 驚いてました。
(快くお貸し戴き、ありがとうございます(^−^;))



こんな感じで
とにかく 思うがままに
楽しんでおりました。



そこに・・・

「南京玉すだれのショーが 始まりまーす♪」


おやっ?
嫌な予感・・・。


迷うことなく、
入って行った 子供達



ショーが始まって、
前半が終わった頃、

『それでは、少し体験してみたい方
 いませんか?』

その声掛けに、
数秒前から 立ち上がって
手を挙げる 亮太。(やっぱり・・・)


IMG_0036.JPG

そして、

ノリノリの 亮太は、
やってみたかった  を、

勝手に どんどん 進める。
(選んだ相手を 間違えたかもしれません・・・)


少しだけの体験 のはずが、

法被を着て、帽子を脱ぎ、

結局、後半全ての演目に
参加するという、

前代未聞のショー
なってしまった。

いいのかな・・・??


しかし、

会場は 爆笑大盛り上がり。

ど素人の 日本人の子供が
ノリノリで 玉すだれと格闘する姿。

外国人の旅行客には
さぞかし 面白く見えたのでしょうね。


IMG_0051.JPG

一日中 私も 大笑い。

ノリが良ければ、
楽しさ 100倍♪


12/22 コーヒー教室


今日は、遠出して
ちょっと変わった教室へ。
IMG_5631.JPG

『コーヒー教室』


ブラックコーヒーを
こよなく愛する友達と
2人で 参加しました。

IMG_5632.JPG
店内はコーヒー豆の
焙煎のいい香りが
充満していて、
それだけで、癒されます♪


生徒さんは、はじめましての
ミドルカップルさんと一緒に。

おしゃれな 奥様と、
ダンディな旦那様は、
ケーキ職人さんでした。
(こだわりのある方は素敵な方が多いですね)

IMG_5638.JPG

少しづつ、コーヒー豆の量を
変えてみたり、

温度を ちょっとだけ変えてみて
どのくらい味に差が出るのかを
実験してみました。

お湯の温度が
たった1℃ 違うだけで、
同じコーヒー豆でも
味が違うのに ビックリです。

コーヒーの 奥行きの深さを
知りました。

IMG_5657.JPG
お家でも 
コーヒーを 丁寧に入れて、

ゆったりした時間を
楽しめたら・・・と 想像すると
嬉しくなります♪

12/20 手作りはんぺん


私は自然食派です。とは、
言い切れませんが、

添加物や放射能、
コレステロール、糖質には、
気を付けています。

一気に変えていくのは
無理なので、少しづつ
食改革していますが、

色々知って行くと、
スーパーも生協も 
買う物が 無くなってきて、
何から何まで
「自分で作れるんじゃないかしら・・」と
思ってしまうのです(^−^;)



そのひとつが、『おでん』

葵は 特におでんが大好き。

おでんの日は、朝から
楽しみにしてくれます。


今までは、無添加の練り製品を
探しまわって 買っていましたが、
無添加は なぜか「高い」。

我が家のように 大人数だと、
おでんは 出費料理なのです。


そこで、冬の時期に 
安く手に入る 鱈を使って
さつま揚げ(はんぺん)を 
作れないもんかと

試行錯誤した 結果、
IMG_5593.JPG
思った以上に 簡単で
美味いさつま揚げが
完成 したのです♪

小さなお子様にも
安心して 食べられるので、
今日は ぜひ紹介します。


■材料8枚分■

鱈2切れ(大きめ)
白はんぺん一枚

片栗粉 大1
酒 小さじ1
醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1/2
塩 ひとつまみ


1.鱈の骨と皮を丁寧に取って、
 一口大に切る。

2.上記をまとめてフードプロセッサーで
 なめらかになるまでかける。

3.そこに、たまねぎ1/4をザク切りに
 した物を入れて さらに
 フードプロセッサーにかける。
 (細かくしすぎないのがポイント)

4.平たくまとめて、揚げ油で
 きつね色になるまで揚げて完成。


おでんに入れる時は、
最後の食卓に出す間際に
いれましょう。
(ダシが出てしまうので)

そのまま しょうが醤油で食べても
美味しいですよ♪


お魚の種類を替えて
アレンジしても 美味しく出来ました。

魚が苦手なお子さんでも
練り製品なら、
喜んで 食べてくれます。

ぜひ試してみてくださいね〜

12/18 習字の宿題


悲しいくらい・・忘れ物が多い
亮太ですが、

今日は 
習字道具を カバンごと忘れて
授業が受けられなかった 
との事・・・泣ける(;_;)


もちろん、
宿題は 習字も追加。

めげる事なく、恥じる事なく、
なぜか 楽しそうに、(笑)

習字道具を 出して来て、
黙々と 書いておりました。

IMG_5549.JPG
『できたぁ〜』


ん?早くない??


「見て見て♪」 持ってきたのは、

『おかあ様』 の文字。


 「これ宿題の文字?
   母 は習ったから漢字じゃない?」


り 「違うよ。宿題は『秋』だから。」


母 「はっ? 出来た。じゃないじゃんっ!
   しかも、紙のサイズ違うしっ」


り 「でも、いいでしょ? よくない?
   はい♡ ママにプレゼント♪」


母 「・・・・・。」



そんなの いらないから、
忘れ物しないでっ!


習字の宿題は「書き初め」だけで
お願いします。

12/16 パン屋さんでライブ♪


『ノムタベル』でライブ。

Endo megumiさんの
弾き語り ライブ。

初めて聞いたけど、
一発ノックアウト!

アルバム即購入しました。

IMG_5609.JPG
お店は あまりオープンしないですが、
ひさびさの来店。

相変わらずスッキリとして
清潔感のある素敵なお店。

お隣りの 奥様の経営する
「amunuu」のパン屋さんが
ライブ中に コロッケサンドを
出してくれました。

IMG_5610.JPG
ボリュームがあり過ぎて、
すでに軽食では ない(笑)

相変わらず気前がよくて 大好き。

こんな太っ腹の
お母ちゃん、かっこいいわ。

だから、ファン大ファン
なっちゃうのねー。


シュークリームと山食を
戴いて帰りました♪

我が家は、めったにデザートは
買いませんが、
このシュークリームだけは、特別♡

これ以上に美味いシュークリームに
出会った事が ないので。


12/12 12月のマクロビ教室


12月のマクロビ教室
行ってきました。

IMG_5596.JPG
左下は野菜スープ。

ブイヨンが入っていないのに、
しっかり味が付いていて 驚き


今日は、かぼちゃがメインですが、
マクロビでは、ワタ
戴きます。

種は炒って 種の中身をコリコリと
おやつのように 戴きますし、

ワタは、他の野菜の皮や
根っこと一緒に おやきにして
戴きます。


メインのかぼちゃの実は、
IMG_5598.JPG

IMG_5599.JPG
『かぼちゃタルト』 になりました。


砂糖は全く使わないですが、
シナモンの香りと
かぼちゃの本来の甘さで
とっても美味しかったです。

マクロビは、
味覚が研ぎ澄まされていく感覚を
味わいます。

すると、
自分で作った通常のお料理も
丁寧に作る事が出来るように
なるのです。


IMG_5437.JPG
11月のマクロビメニュー。

大根おろしに 
熱したゴマ油とお醤油を
加えた、ご飯のお供。

ごはんが進み過ぎて
困っちゃいます(^−^;)

12/10 ベストポジション


小学校の 個人懇談がありました。
特に問題はないので、
楽しく学校に通っていれば
なによりです♪


亮太の 先生から、
唐突に

『一学期から比べて、お母さんが見て
 良くなった事を 教えて下さい。』

と、言われました。


あっそうだっ!!

『先生っ
 あんなに出来なくて 困っていた宿題が
 出来るように なりました!』

思わず、先生も
立ち上がりました。

『なぜ出来るように なったんですか?』


答えは、↓↓↓これです。
IMG_5648.JPG
先生に 写真は見せていませんが、
勉強する場所を 変えただけです。


ただ、恐ろしく狭い勉強スペースを 
作ったのです。


それは、下から潜らないと
椅子に 座れません。


自分の場所は、
丸椅子一個分 です。

回りは、四方壁に 覆われています。

ただ、これだけ です。


一日4〜6ページの宿題を
4時間かけてやっても 出来なくて・・、

毎日宿題忘れ していた 
あの 亮太が、

このスペースを 
作ってから というもの、
3週間の間、
一度も 宿題を忘れてません。

1〜2時間で 
出来るように なりました。


「宿題しなさいっ!」と 言わなくても
自主的に 宿題を始めるように 
なったのです。

そして、テストの点数も
少しづつ 上がりました。

集中力が 付いたようです。


家庭学習は、
リビング学習が良い ように
あらゆる本に 書いてあり、

お友達もみんな リビング学習なので、
それが、絶対に良い のだと、
思い込んでいました。

今まではそれで よかったのです・・・。


ところが、

4年生も 後半になってくると、
勉強も 難しくなってきて、
量も増えるため、集中力の差
学習に与える影響が
大きくなってきたように 感じたのです。


今回の事は、
他のお子さんのやり方は、
わかりませんが(^−^;)

あくまで「我が家」「亮太の性格」
ベストポジション
見つけられたのだと 思います。


前と、変わった事は、

私と同じ空間には居て、
お互いに 見えていますが、

何をやっているかは 見えませんので、
私が あれこれ言わなくなりました。


ある程度の距離が 出来た事で、
お互いのストレスが 
少なくなり、関係が良くなりました。


あとは、やたら狭くなった
というだけ です。


先生は、

『お母さん、良く見つけましたね〜♪
 あれこれと 興味の多いお子さんには
 ぴったりだと 思いますよ!』

と、褒めてくれました。

先生に褒められるなんて、
嬉しい♪


叱る前に、

なぜ出来ないのか、
なぜやらないのか、
しっかり子どもを 観察をする事が
大切なのかも しれません。


今回の事は、
私にとっても 自信になったし、
他のすべての事にも
共通して、考えられる要素を
見つけたような 気がしました♪

12/8 青島広志先生と合唱団


11月から、
年末の合唱団は 大忙しです。

あちこちの出演と練習。

親はスケジュールを 把握するのが
大変な だけですが、

子ども達は、元気だし、
なんら 気にしてないみたいです♪


12/6日『青島広志』先生の
音楽コンサートに 
合唱団の出演が 決まり、

二週間前に 
青島先生の練習会が ありました。



青島先生は、
台風のような人 です。

入ってきたとたん、
部屋の空気が ガラッと変わり、

風が吹いていないのに
暴風が吹いているような
そんな 迫力のある方でした(笑)。


子どもにも大人にも
同じように厳しく
対等に 接するので、

空気の貼り詰める場面も
多々ありましたが・・・

基本的に お話が上手で
ピアノが 抜群に素晴らしい!

面白くて、とても魅力的な先生で、
葵は 大好きになっていました♪



本番当日は、
最後の二曲を
子ども達が 歌います。

その間、いつもならば
舞台裏で出演時間まで
待機なのですが、

今回は、お客さんとしても、
前列に 席をくださり、

子ども達も ゆっくりと
出番までの音楽会を
楽しむ事が 出来ました。


みんな いつもの雰囲気との違いに
少し緊張してる ようでしたが、

ニッコニコの笑顔で、
楽しそうに 踊って歌っていました♪


また新たな風が入り、
これからの合唱団にも
大きな影響をもたらしたと
思います。


12/6 おもしろ学校ごっこへ。


『おもしろ学校ごっこ』

半年に一回 開催される、
一日体験学校。

1994年から 続いていて、
今回は 記念すべき 50回 でした。


自分が 子どもの頃に
経験した事のある 親御さんも
いるのかも しれませんね。


日頃は、
小中学校の教員医者、
出版社の編集者 だったりする方が、

この日は 教壇に立って、
学校では 教えてくれないような
おもしろい授業 を やってくれます。



高学年で 参加した亮太は、

一時間目が 国語。
二時間目が 医療。
三、四時間目は、布地のしくみと機織り



一時間目の国語は、『落語』の話。

ドイツのグリム童話を
日本に広めた 落語家さん達は、

日本人向けに 内容を変え、
面白おかしく 直して伝えたそうです。


落語には、笑いがあり、
「落ち」 があります。

みんなで笑いながら、
想像しながら、
落ちを考えていく 授業。

一緒に参加した私達も
大笑い。


毎日が こんな楽しい授業なら、
学校嫌いは なくなるのにね♪


子ども達の 日頃の様子が
こんな風なのかな〜 と想像しつつ、

出来るだけ 口を出さないように
静かに 見守りました(^−^)



二時間目は、『医療』

お医者さんが 教えてくれない
本当の病気のしくみ。

平均体温は37℃だって、
知らなかった。
(微熱では ないんですね〜)


エイズは 本当は、
感染しにくい 病気。

その病気のしくみ から、
偏見に さらされる事の過ちを
詳しく 教えてくれました。


親の知識が 曖昧な部分を
こうやって、先生が
深く掘り下げて 教えて下さる。

親もみんな 大きくうなずきながら
一緒に知識を 蓄えていました。



お昼を挟んでから、

三時間目と 四時間目には、
『布地のしくみと出来るまで。』

布地って 
一本の糸から 出来ていて、
どういうしくみで 
布地に なるのか。

機織りを 使って、
みんなで 考えます。

二時間かけて、
コースターを 作りました。


その間、
親は別室で『懇談会』


中学校って どんな所?

自分達の時代の 思春期と、
今の子ども達の 思春期

先生が生徒と触れ合う時に
気を付けている事。

中学校の
本当の裏側。など。

質問タイムもあり、
色々と教わりました。


我が家も あと数年で中学生

何もわからなかったので、
とても 参考になりました♪


IMG_5560.JPG
終わった後は、
雑貨屋さんで お買い物したり、

IMG_5574.JPG
イルミネーションを 見たり、


IMG_5577.JPG
弟分の友達と一緒に
夕飯を 食べに行きました♪



楽しかったようで、
絶対に行きたい って!

本当の学校も 
このくらい 強く思ってくれたら
いいんだけどね(^−^;)

ページトップへ