カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

10/30 ハロウィンのおきて


金曜日の夕方。

近所の子ども達は、
ハロウィンめぐりに 
出掛けます♪


学校のすぐそばの 我が家。
生徒数800名。

大きな住宅地の間なので、
かなりの数の 子ども達が
来る事を 想定すると、
お菓子・・・足りるかしら(^−^;)


悩んだあげく、

こちらから
お菓子をあげる子を
選ばせてもらいました♪(ごめんね!)

IMG_5383.JPG
それは、『ハロウィンのおきて』 です。

「小さなおばけのみなさんへ。
 お菓子が欲しけりゃ
 おきてを 守る事!

1.少しでも 一つでもいいので、変装している事。
2.大きな声で 元気よく、『トリックアトリート!』と
 言える事。」


この「おきて」を、門扉に掛けて
おきました。


子どもは とてもマジメなので、
門扉の前で、じ〜っと 
おきてを 読んでいます。


そして、必然的に、
3年生以上の男子は 
諦めたように 帰って行きます。

なぜなら、
変装していないから。と、
大きな声で言うのが 恥ずかしい・・のかな。

ちょっと可哀そうな 
気もしましたが、

せっかくのハロウィンなので、
変装して 盛り上がってる子供達に
優先的に あげました♪


IMG_53401.jpg
中には、4年生でも
変装して 楽しんでいる子も♪
(あんまり可愛いので写真撮らせてもらいました)

ちなみに・・亮太は恥じらいながら、
目立ちたい 気持ちもあり、

このメンバーと一緒に
死神の格好 をして 
出掛けて行きました(笑)


恥じらいも 出てくる年頃なので、
思春期が終わったら、
きっと こういう事も
また恥ずかしく なくなるんでしょうけど♪


恥ずかしそうにしているのも
また 可愛いですね(^−^)


IMG_5343.jpg
女子は、年齢問わず
ノリノリの 様子。

葵も
ピチピチの ティンカーベルを着て
出掛けて行きました♪

10/28 自然


空が、青くて、
緑が 濃い。
IMG_5228.jpg


空気が  澄んでいて、
土が肥えている。
IMG_5231.jpg


日差しが 暖かく、
花の匂いが する。
IMG_5222.jpg


当たり前の事。
それが、自然


なのに・・・

現実的ではなく、
日々触れる事が ない。

めずらしい物のように
感じ、

接し方が わからない。


お邪魔させて頂いているように
感じるのは、私だけ?


それは、

自分達の『身の回り』

世界の中心だと、
考えているから で、

自然の方が、
ずっと大きくて、

支配されている事を

日常では、 
すっかり 忘れてしまいます。


だから、

押し寄せてくるような
壮大な 自然を見ると、

恐怖すら 感じるのは、
自然から 目を背けている証拠


子ども達のために
自然豊かで ありたい。と
願っていますが・・


近頃、

自然=怖い

と 感じてしまうのは、
私だけでしょうか?


「快適」という麻薬
すっかり浸け込まれた
大人 になってしまった。


子ども達は、
まだ そんな事は ない。


自然は 素晴らしい。
自然は 美しい。と、

素直に受け止めてくれる

そんな、
大人になって欲しい。と
願っています。


10/24 食育について


先日、
泊まりに行った 飛騨の山の中に

『飛騨牛』の 生産者さんが
いらっしゃいました。

IMG_5262.jpg
少しだけ 牛を見せて頂き、
遊ばせて頂きました。


私も主人も 『食用』 だと
すぐに わかりましたが、

子ども達は、
気が付いていません。

動物園と同じ感覚 なのです。


前日に、美味しく頂いたばかりなので、

これは、『食育』を話すタイミング だな。
と思い、詳しく説明 しました。


生きている 目の前の牛が
数日後には殺されて、
食用として お店に並ぶ。

耳をふさぎたくなるし、
目を背けたくなります。


でも、そう、それが現実
それは、当たり前の事。なんです。

私達は、命を頂いて生きている。
その事を知らずに
食事をするのは 失礼です。

だからこそ、
感謝の気持ちを込めて
『いただきます。』と、
手を合わせるのです。


その後、

亮太は、
大きめの肉が 嫌いでしたが、
食べられるように なりました。

残したり、吐き出したりしたら、
可哀そう だからです。


葵も 
好き嫌いが 多かったのですが、

振り分けられた物は、
ほとんど 完食できるように
なりました。


『私達は、生かされてる』


私達 おとなも、 忘れず、
いつも心に 留めておく必要が
ありますね♪

10/22 手相


生まれて初めて、

『手相』 なるもの を
体験しました。


私は 凡人で結構♪
と、凡人である事を
深く幸せに 思っているので、
占いに頼ろうと 思った事がないのです。


しかし今回は、

たまたま 友人のエステの企画で
『手相セット』(これも異色よね(笑))
だったので、10分だけ。
という事もあり、体験する事にしました。


なんの知識も ないので、
なんとも言えない 緊張感

他人から、
自分の事を 教えてもらうって・・
おかしくない?

とても不思議な気持ち です。


先生は、色んな意味で
大きな方 でした。

じ〜っと 静かに手を見つめながら、
金色のペンで、私の手相に
なにやら 書いています。


そして、お答えになりました。

『あなた、2重脳ね。』


???


『なんですか? それ・・・怖い。』



2重脳は、

二つの事を同時に考えられる
不思議な  らしく、

起業商売に向いている
そうなのです。


これは、想像以上に
嬉しいお答え♪


ただ、先生は静かに
こうも 言いました。


『あなたは、自分が先々の事まで
 考える事が 出来るあまり、

 一緒に住んでいる 家族の事を
 「のろま」 だと 思ってしまいますが、

 家族は、けして「のろま」では ありません。

 家族の方が「普通」であり、

 あなたが 変わっている のです。

 家に帰ったら、家族に 
 この事を話して、理解してもらい、
 今までの事を あやまって下さい。』


『はぁ・・・。』


私は家族を「のろま」だと
思っていたんだろうか。

なんだか そんな気も
しないでは ないので、

とりあえず、帰ってから
あやまりました(笑)


褒めてもらえて、
嬉しくなりました(^−^)

こんなに 気持ちが
晴れやかに なるなんて♪

そうか・・・わたしは、
褒めて もらいたかったのか。


なんだか、
明日から がんばれそうです。

IMG_5128.JPG

10/20 理想のくらし


たまたま見つけた。

時々 こういう出会いがある。


ネット上には 無数のサイトがあり、

口コミ、ブログ、Face book・・など。

この果てしない情報の中から 
偶然見つける、理想との出会い は、
かなり、奇跡に近い。

理想は、人それぞれ だけど、
IMG_5259.jpg
私にとってここは その、『理想』



車や飛行機や電車の 音がしない。

なんなら、人の声も届かない。

耳鳴りがするくらい 静かな所。


IMG_5257.jpg
黄金に輝く 紅葉。

広々とした庭で 走り回る子ども達を 
穏やかな気持ちで 見守る。

一日のゴールが ここでよかった。


オーナーが、
紅茶とお菓子を 出してくれた。

美味しい♪



絵本に溢れた館内には、
原画が飾られ、
IMG_5248.jpg
オーナーが、原画に沿う様に
子ども達に 読み聞かせを してくれた。


『好きな本を見つけたら、
 部屋に持って行って 読んだらいいよ。』

そう言ってくれたので、
数冊選んで、コテージへ持ち込んだ。



ここはとても寒い。

ストーブを付けないと
夜は過ごせない。

でも・・・心地よい。


早口だった話し方が
自然と ゆっくりに なった。

そういうが ある
そんな 場所 だった。


きっと、また来よう♪

10/18 山の中の自転車


旧鉄道路線を利用した、

身長140センチ以上に ならないと
自転車をこぐ事が 出来ないので、
今まで 来られなかったのですが・・・

身長が140cmになったので、
やっと、 行ってきました♪

IMG_5205.JPG
今日は とってもいい天気。
絶好の サイクリング日和です。


IMG_5199.JPG
景色を見ながら、
風を体で感じて 自転車をこぎます。


IMG_5191.JPG
自転車は 変速機能付き。
しんどい時は、調節が出来ます。


IMG_5210.JPG
レールの上を、マウンテンバイク
走ります。


山際は、少し怖い。
トンネルの中も まっくらです。

ドキドキしながら、
往復して ゴール!

IMG_5218.JPG
ちょっと大きくなったら、
秋に楽しい、おすすめレジャーです(^−^)

10/14 冬支度


冬が少しづつ近づいてきて、
秋は、冬支度 が忙しい。


秋に採れた野菜を
洗って刻んで 大きなザルで干します。

冬の間 少しづつ
食べられるように
乾燥させておくのです。

秋の乾いた太陽は、
干し野菜に たくさんの栄養を
もたらしてくれます。

頂いたお芋も 蒸してから
干して 切り芋に。

ピーナッツは、干してから
ピーナッツバターに します。


洋服の 入れ替えは、
子供達のサイズを 確認します。

下着や靴下のサイズが
変わっている事も多いので、
早めに 準備しておきます。


布団も そろそろ
羽毛に替えなくては。

朝方 ひんやりする日が
増えてきました。


IMG_5330.JPG
帽子も ほどいて作り直し。


ラジオを聞きながら。

歌いながらする 冬支度 が 

とっても好きです。

10/12 アナログゲームの会


保育士の友人に誘われ、
『アナログゲームの会』
行ってきました♪


我が家は アナログゲームが大好き。

子供達も 
テレビゲームは 持っていますが、
こっちの方が 面白いのか
ほとんど 手を付けません。

しょっちゅう 家族でも
時間があれば、やっています。

IMG_5155.JPG
今回は、10人程度の
小さな サークルのような感じ。

メンバーは 大人がメインですが、
アナログゲームは
大人も子供も 関係なく
フェアに遊べるのが 魅力です♪


昔、私達が子供の頃は、
Xmasや誕生日のプレゼントも
ゲームだったら
家族みんなで 出来るからと、
買ってもらえやすい玩具。でした。

家族みんなで ワイワイ言いながら
本気で 対抗した
懐かしい思い出が あります♪


近頃は、子供達の友達も みんな、
個人プレイな ゲームが多く。
みんなで一緒に。というのが
少なくなってきているような 気がします。


アナログゲームの 良い所は、
たくさん あります♪

1.すぐに、どこででも、始められる。
2.年齢が関係なくフェアに遊べる。
3.コミュニケーション力が深い。
4.安価に手に入る。

など、良い事ずくめ。


子供達にとっては
さらに 良い事もあります。

1.右脳と左脳を両方使う。(脳育になります。)
2.空間認識や芸術センスをUPします。(特にオセロ)
3.相手の性格を察したり、
先見性、タイミング、交渉力などを
 身につける事が出来るようになります。

3番は、大人になっても
身についていない人が 多いのでは?

独りよがりや 空気の読めない人に
ならないようにするための
一種の訓練を 
身近な大人が教えていける 
格好のツールなのです。
IMG_5159.JPG

ゲーム会は、
持っていないゲームを
教えてもらえるので、
購入前に 参考にしています。

11月のゲーム会も楽しみ♪

10/10 アレルギーと食事


夏の終わり頃から、
葵の 体に
蕁麻疹が 出るように
なりました。


薬を 使いたくないので、

冷やしてみたり、
ガーゼを濡らして拭いたり・・と

試行錯誤していましたが、
一向に良くなりません。


病院は 嫌いだけど、
血液検査を 受ける事にしました。


すると、
イネ科のアレルギーで 
ある事が 発覚。


赤ちゃんの頃には
何もなかったので、
とても ビックリ です。


10月後半まで
痒みが 続くようなので、
塗り薬と 痒みを抑える飲み薬 
処方されました。


ただ・・

薬を使えば 簡単ですが、
薬を使って 抑えてしまうと、
切れた後に 痒みが倍増します。

アレルギー症状には、
アレルギーに強い体 を
作っておく 必要があると
思うのです。

もっと、根底から
良くする方法はないかと、

マクロビの先生に 『手当て』 を
お伺いしてみました。

すると、
痒みに効くのは、
『砂糖断ち』 という事でした。

甘い物が 大好き。
おやつが 大好き。
フルーツが 大好き。
な、葵にとっては
誰よりも 過酷です。


しかし、砂糖は 
痒みを倍増するもの なので、

減らすのではなく、
「断ってください。」 と、 
言われました。


給食は 仕方ないですが、
家での食事では
アレルギー症状が 
出ている 期間中だけでも、
しばらく断とう。と決心し、

本人家族に 話して、
協力してもらう事に しました。

IMG_5183.JPG
砂糖を使わない料理なんて
出来るのかしら・・。

使わない日 なんてありません。

日頃からパンやおやつを
作る私は、むしろ砂糖の消費が
多い方です。

マクロビは 習っているけど、
家で 実戦しているわけでは 
ありません。


話題の糖質制限レシピを
調べつつ、やってみる事にしました。

みりんや甘酒は 良いみたいなので、
「甘さ」を そこで補い、

香味野菜で 味を引き出したり、
ダシを使って、うま味を出したり・・と

試行錯誤しながら、続けていきました。


1カ月くらい経って、

最初は 薄く感じていた味も
徐々に 味覚が慣れてきて、
家族にも 問題なく食べてもらえるように
なりました。


意外だったのは、
砂糖無しで食事なんて作れない!
というのは、
思い込みだけだった・・という事。

IMG_5140.JPG
家族にとっても、
砂糖を断つ というのは、
健康に 良い事です。

出来る事が わかったので、
アレルギーが 収まっても
出来るだけ、
このまま続けていこうと 思います♪

10/6 秋の夜をたのしもう♪


今日は、家族で
夕方から お出掛けです。


レストラン ものがたり での

33周年のパーティへ 行きました。

美味しいビュッフェスタイルの食事と
ジャズピアノライブ。彫刻の個展に
ライブペイントに ポチのソロライブ。
IMG_5122.JPG

芸術の秋。
食欲の秋。

全てを 満喫して、

心も体も 満たされました♪


子ども達にも 良い刺激。

こんな夜遊びなら、
ありかも(^−^)










10/4 子供からの気遣い


季節の節目なのか、
体調がすぐれない日が 続きます。

こういう時は、
何かと 揺り動かす力が
湧いてきません。

いつもと同じ事をする時でも、

『やりたい』 より
『やらなきゃいけない』 に
なってしまい、
ストレスを 感じてしまいます。

毎日の。いつもの。
ひとつひとつの行動が、

やらなきゃ・・ になるのは
苦痛 です。


そこに、
子ども達が 帰ってきました。

『おかえり〜』の笑顔は 作り笑い。

本心は、『もうそんな時間か・・』と
逃げたいような 思いです。


女の子は、
このくらいの年齢になると、
親の様子を 察知するようになります。
(それだけストレスも感じやすいのかもしれませんが・・)


なんとなく、母親の調子の悪さを
察知した葵は、

台所へ行き、
お兄ちゃんが 太鼓へ行く前に食べる
いつもの おにぎり を
作り始めました。
IMG_5112.JPG
作った事は、あるけど、
何もかも 私が準備してからであって、
一からやったのは、初めて。


IMG_5106.JPG
中身のない、塩味もない
ただ握っただけの おにぎり でした。


それでも、
自分で考えて、「やってあげたい」 と
思ってくれた 行動。

優しさと、包容力に、
寄りかかれる気持ちが 生まれ、
なんだか 楽になりました。

成長を褒める 親目線というより、
助け合う 家族という仲間 として
彼女の存在に 感謝しました。


親だから。と

我慢する必要なんて 
ないんですね。

子どもにだって、
頼って いいんですね。

この子を 産んで良かった。


10/2 劇団四季へ♪


初めて、
そう、私も初めての『劇団四季』


IMG_5059.JPG


葵と2人で、
見に行ってきました♪


迫力に 息を呑む。

情熱のある人の力は 
素晴らしい!


子ども達も たくさん見に来てたけど、

何も説明しなくても
十分に たくさんの事を
学ぶと 思います。


人の力だけで 
これだけの作品を 作りあげる。

演劇って 素晴らしいです。


あまりにも 良かったので、
帰ってすぐに 
次の作品の公演を
調べてしまった。


次は 亮太も見せてあげよう♪

とっても 楽しみ(^−^)


充実した 時間でした。

ページトップへ