カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ
RSS

 

4/30 陶芸やってみる♪


夏も間近。

今日は、デイキャンプと
蕎麦猪口 作り♪
201504291.jpg
「なかなか思う様にいかない・・」


201504292.jpg
力入れても 入れなくても ダメって、
むずかしい・・・。
感覚が研ぎ澄まされます。


子供達にとっては、
ろくろ だの、手びねり だの言っても
所詮、粘土遊びの延長です。

粘土遊びが好き。
だから やってみるぅ♪ってな 感じ。

それに付き合ってくれる、
先生方の根気を 尊敬します!


今回、私もやりました。

やってみま〜す♪で、
簡単に出来るもんじゃない!

土が形になっていくぅ〜
って感動している間に 完成(笑)

ほぼ ほぼ、
先生の 作品です。(−_−;)


でもいいの♪
出来ない事が出来たっていう 体験!

当たり前に毎日使うお椀に
作られる過程を 想像できた。

それだけで 価値ありっ!

4/28 田植え


私の祖父母は伊勢です。

伊勢は、台風被害が多いので、
収穫を台風の季節より前に 終わらせるために
昔から 田植えが早いのです。


以前から、「田植えがやってみたい!」との
子ども達の リクエストに答えて、
初めて 田植えのお手伝いに
行ってきました♪


はじめは、端っこから遠慮がちに
チマチマ植えていましたが、
_DSC0049.jpg
思うように 上手く出来ません。


覚悟して 中に足を入れなくては、
田植えは出来なさそうと 考え、
_DSC0063.jpg
田んぼの中に 入りました。

『う”あ”〜ぐわ〜ひぃ〜』

意味のわからない 悲鳴が(笑)


_DSC0067.jpg
徐々に慣れてきて、
田植えは順調♪

少しの束も 思った以上に
時間が掛かります。


みんなで手伝って、
やっと 作業終了(というか、途中退散・・(苦笑))

_DSC0096.jpg
みかんで 休憩です♪(田舎っていいな〜(^−^))


_DSC0088.jpg
あとは、
やたら数いる 昆虫や爬虫類に 夢中!!

捕獲しまくります。
(ヘルメットがバケツ代わり(笑))


秋の稲刈りにも
初挑戦する 予定♪

たのしみだね〜(^▽^)

4/26 子育て時々デート


もし いつか、
bluenoteNAGOYAに、
来てくれたら、絶対に行く!って決めていた
IMG_3879.JPG
『ジェントルフォレストジャズバンド』 http://gfjb.jp/

本当にこの日が来たのね♪

胸 はずませ、行ってきました!

IMG_3884.JPG
もうすぐ結婚記念日なので、
今日は2人だけの 
デートらしいデートです(^−^)

陽のある時間から、
お酒が呑めるって、サイコー!
大人って サイコー!


そして、
一曲一曲を 記憶に閉じ込めるように
聴き入りました。

本当に 素敵です。
ユーモアがあって、
セクシーでキュート。

これが生で聴けるって すばらしい!


子育てに追われる 毎日だから こその
心に刻まれる、
特別な一日 なのですね(^−^)

4/24 亮太の実験


突然エプロン付けて、
夕暮れの忙しいキッチンに侵入。

フライパンに卵を割って、
IMG_3871.JPG
炊いている途中の炊飯器の
蒸気の上に置いた。

『えっえっ? まさか・・目玉焼き?』

「今、実験中だから。」

(だから? なんなのよっ!)


炊飯器も蒸気が出てる時は、
飛び出してるので、結構邪魔なのに、
さらに、アンタが居たら、
さらにさらに 邪魔でしょっ!!

やめて!って言っても
やめません。

理由は、

「そこに気が付いちゃったから」(笑)


時々、あちこちで
こーいう実験が 始まります。

邪魔じゃなければ、
いいんですよ。
本人の自由ですから。


でもね、
夕飯時は、気が付かないで下さい!



4/22 ベイビ〜☆

 

生後2日目の赤ちゃんです♪
 
IMG_3859.JPG
7歳の葵の手の中にも
すっぽり入る 小さな赤ちゃん。


ひさしぶりの 赤ちゃんの誕生に
みんなウキウキです♪

この子は、
姪っ子の二人目の子。

姪っ子は 羨ましいくらい
二人とも安産で出産しました。

「そんなに痛くない。」って

信じられない・・・(−_−;)


あのおぞましい痛みさえなければ、
もう一人 欲しかった・・・。

私にとっては トラウマの何物でも ない!


『あ〜 赤ちゃん欲しいな〜』
私が ボヤいてると、

葵が、

『ママは、もういいよ!
 葵が 産んであげるからね♪』

もう間もなくですから。と
言わんばかりの勝利顔。

しかも・・
『葵が仕事してる間、育てて欲しいから、
 葵が産んだら 仕事辞めてね。』


そのプラン。
出戻りで ない事を 祈るわ(−_−;)

4/20 雑誌の取材


4/20発売の『小牧ウォーカー』
掲載して頂きました。


取材の日は、
お店の中の撮影と、
(お店と言っても 二人が入れるかどうか・・
というくらいの小さなアトリエという感じです。)
外観の撮影が予定。


子供達には、前もって
『取材の日は友達を呼ばないように!』
念を押しました。


ところが・・・
取材当日、

お店の中の撮影をしていると、
ガタガタと何やら物音が・・。

扉を開けると、
なんとそこには、
おおよそ15人の子供達。
(野次馬かよ。)

『ちょっと、ちょっと!
今日は来ないでって言ったでしょ!』


お店の扉が 玄関のそばにあるので、
遠慮して入ってきたのか、
ウッドデッキに 靴の山(笑)

『そんな配慮いらないから、
 帰ってくれない?(−_−;)』


そもそも、
取材の話をクラス中に話した
うちの子供達が 原因です・・。


取材も切れ切れな 感じで、
なんとか終了。


我が家の歴史に残る、
過去最高人口密度
一日 なのでした(笑)

IMG_38681.JPG

IMG_3866.JPG
ウォーカーシリーズの地元版。

4/16 地産地消って?


亮太が3年生の時、
学校で、『地産地消』 という言葉を
連呼して教えている事に ビックリしました。


私だけ かしら。

この言葉、大人になってから
知ったんですけど・・・(^−^;)

意味も知らなかったし、
漢字も知らなかった。

知った時は、
へ〜 なるほどね。
と思ったけど、

あんまり使った事はなく・・。

ニュースや新聞で
時々 目にするくらい、です。


なぜ、今の小学校で
その言葉を 教えるのか。


気になったので、
調べてみると、

これ、1980年代以降に生まれた
造語であることが 発覚!

(そうか・・
 70年代生まれの私が知らなくても
 大丈夫なのね(−_−;))


地域生産・地域消費』 の略語。
しかも誰かが勝手に作った新語
らしいじゃないの。

確かに地域で生産された物を
地域の人が消費していくって、
とても当たり前で大切な事。
地方経済を円滑に豊かにする
画期的な方法であります。

『地産地消』を教えるというのは、
経済学の始まりみたいなモノなのね。

小さな頃から植え付けていけば、
地元で地元を支える企業家に
なるかもしれないもんね♪

う〜ん。
今の学校教育って、深い!!

4/14 ゆびヨガ


週末、
とてもめずらしい『ゆびヨガ』へ♪

ゆびヨガは、想像通り、
『手』しか 使いません。

両手、どちらでも良いようですが、
中指の指先第一関節を頭と考えて、
薬指と人差し指が両手。
小指と親指が両足です。


マッサージをしたり、
回したり、つぼを押したりして、
刺激することで、直結している
それぞれの箇所が血行が良くなり、
体が軽く楽になるそうです。


たしかに、
中指の指先を丁寧にマッサージしたら、
頭がスッキリしました♪

これは、どこでもいつでも
セルフで出来るので、
気に入りました(^−^)

難しい事は、何もなく
気持ちい程度に マッサージする感じで
良いみたい♪

仕事の合間に、
移動中に、ぜひやってみます!


終わった後、
子供達は お外でランチ。
IMG_3809.JPG
終わった後も いっぱい遊びました。
天気も良いし、気持ちいいね♪

4/12 何かが物足りない・・。


週末。
亮太がパパとお出掛け。

葵と一緒に公園でランチしよう♪と、
春の公園へやってきました。

緑が綺麗。お花も綺麗。
春は、お外で気持ちよく過ごせる
絶好のチャンスです!

IMG_3815.JPG
近くのスーパーで 買い出しして、
お弁当を 食べました(^−^)


『食べたら遊ぼうね♪』

なんだか つまらなそうな顔・・。

『どーした?』

「わかんない・・・。」


そっか♪

いつも鬱陶しくて仕方のない
憎たらしいお兄ちゃんが

今日は いない。


だから、
さみしい のです(笑)


兄弟で 楽しそうに遊んでる
子供達を横目に、
やっぱり お兄ちゃんと一緒が
一番楽しい。と 実感したのでしょう。


それ・・・
めちゃくちゃ わかりますよ♪

4/10 自由


あれこれ、いちいち指示して
動かせていた時期があり、

本当に あの時はゴメン・・ママどうかしてた。と、
今でも時々反省します。

時々は、言っちゃう時もあるけど、
努力して言わないように してます。


それには、きっかけがあって・・・

以前、
子育てイヤ〜って 思う事があり、

その時、子供達に、

『今日から自由ね!
 なんにも言わないから。
 言うの やめたから。』

って言ったんです。

特に怒って言ったり、
威圧的に言ったり しなかったんですけど、

帰ってきた言葉は、

『自由イヤ〜っ
 言ってくれなきゃ なんにも出来ない!』
だったんです。

これには、私もショックで。

だって、普通『ヤッター!』でしょ?
自由って最高じゃん♪


喜んで好きにするかと思いきや、
指示していた事が 却って仇になり、

言われた事を やっていれば、
考える必要が ないので、
「安心」と、思わせていたようで・・・。

自分で考えて行動 しなければ、
失敗もない。ですしね。


これではダメだ!と極度に反省・・・。


そこで、

失敗しようと、
忘れ物しようと、
遅刻しようと、

自分で考えて行動させよう!と、
腹をくくった わけです。

かれこれ1年前の話ですが♪


今では、自由も慣れてきました。

相変わらず ミスも多い。
けど、責任は自分です。

手伝っても あげるし、
教えても あげるけど、
口を出さないように 努力しています。


子どもが歩く道を
必死で照らすような親は、
自分の足元は見えませんので、
自分が転んでしまう。

少し後ろから、
みんなの足元を照らしてあげられる。
そんな親に なりたいです(^−^)


IMG_3802.JPG
『今日は、自由に寝ていいよ♪』
って言ったら、
私のデスクのすぐ後ろに、
床に布団を敷いて、
寝ました。


子ども達の自由で未来のある発想を
大切にしていきたいです♪

4/8 新学期です♪


新学期が始まり、
葵は2年生。亮太は4年生に
なりました。

新しい友達と、先生。
そして違う場所の教室。

きっと、うまく説明できないだけで
すごく不安で心配で・・・。

みんなそうなんだと 思う。


行きたくないって言わないだけ
エライっ!ってママは 思うよー

ママは、
どんだけ小学校サボったか・・

嫌で嫌で たまらなかったからな〜

IMG_3832.JPG
一年生の時より多くなった宿題(;_;)

漢字ドリルに計算ドリル
そして、音読。


子供達には言えないけど、
毎日勉強した記憶が ない(笑)


今の時代の子供達は、
ホントに大変。


学校で いっぱい頑張ってるから、

学校以外の全てが
楽しく、ゆったり 過ごせるように
してあげるからね♪

4/6 おにぎらずパーティ


今日はみんなで
今話題の・・・

『おにぎらずパーティ』
IMG_3769.JPG
冷蔵庫の持ち寄りで、
子供も大人もみんなで
作ります♪


IMG_3776.JPG
亮太も作りました。
しゃけとレタスと卵とチーズ。

全部で60個ほど作りましたが、
ほぼほぼ完食!!

小学生の男子だね〜
良く食べる♪食べる♪
見ていて気持ちがいい!



4/4 英会話


スカイプを使った英会話教室が
4月から はじまりました。


今までの教室は、

先生が いつも同じでしたから、
亮太のような性格だと、
甘えから あくびが出たり、
ふざけちゃったり・・・
IMG_3755.JPG
しかし、今は 毎回違う先生。

発音や発声、声の大きさや性別も
マチマチなので、

気が抜けません(^−^;)


それぞれの性格に合わせた
教室選びが 必要だとしたら、
この子には 合ってる!


しかも、ご飯食べた後、
二階に上がっていくだけ。
『行ってきま〜す♪』

私は、ビール片手に、
『行ってらっしゃ〜い♪』

あ〜 なんて楽ちん♡
もっと早く気が付けばよかった。


レッスンは25分間
リーディングの宿題が出ているので、
それに合わせて 進みます。

過去形、複数形など、先生は
全部英語で 説明していますが、
子ども達に後から聞くと、
理解できているみたい♪

大人の私なら、分からない事を
英語で 説明されただけで、
真っ白に なりそうだけど(笑)

先入観のない 子供だからこそ、
す〜っと入ってくるのかも しれませんね。

いいな〜♪


宿題も楽しく出来ているので、
問題 なさそうです(^−^)


次は、めざせ親子留学!!
目標は 来年の夏です。

それまでに
ママも がんばる♪

4/2 季節を感じて。


桜が満開になり、
IMG_3761.JPG
春が来ました♪


たくさんの始まりが待っている春。

子供の頃は 嫌いでした。
なんだか子供ながらに せつなくて・・。

子供が産まれてからは、
好きになりました。

むしろ、春が待ち遠しい♪


太陽と花は、
人の心を明るくする。という、
医学的根拠は正しいと思う。

『大人になる』という事は、
季節や天気と共に 生きる。
と言う事かもしれない。

子供の頃は、
雨でも外で遊びたければ遊んでいたし、

気温の低さとか 太陽の暑さとか
関係なく一年中 同じ遊びをしていた。


いつからか、
毎朝の天気予報が
一日の行動を 左右するようになり、

雲や光や風を見ながら、
予定を決めていく。


太陽と季節を 感じながら
生きる というのは、
非常に 美しい。



ただ、やはり気になるのは、
子供の頃の季節の移り変わりとは
あきらかに 違うという事。

子供達が大人になる頃には
きっと もっと変わっているに違いない。


子供達は、子孫は、
どうなっていくのだろう。


私ひとりが出来る事は、

今出来るエコロジーを
教えていく。という事。


ページトップへ