カートをみる マイページへログイン お買い物の流れ メールでお問い合せ サイトマップ

 

子育て日記の最終回♪


この春、10周年を迎えました。
準備期間も合わせてですが、
感慨深いものがあります。

子育て日記を始めたのは、
亮太が1歳6ケ月の時。
彼はもうすぐ中学生です。

ネットショップを10年続けるのは、
とても大変な事でした。

今はネット社会。
ネットショップが溢れています。
簡単に無料で作れるサイトも沢山できました。
何秒に1軒潰れていくなんて事も聞きます。

その中で、沢山のお客様に支えられながら
何とか続けてこられた事は、
奇跡のような事です。

いつも応援して下さる皆さまに、
心から感謝しています。
ありがとうございます。


私のお店は90cmまでのお洋服しかない
ベビー用品専門店。

2年もすれば、皆さん卒業していきます。

赤ちゃん用品は必要ではないけど、
サイトだけは見て下さっているお客様が
沢山いると知り、感動しました。

中には、子育て日記だけは必ず見てます。
なんて 嬉しいお言葉をくださった、
大きなお子さんのお母さんや、
おばあちゃんまで居て、
とても嬉しく思いました。


そんな『子育て日記』
そろそろ卒業しようかな♪と
思っています。

2日に一回は更新していたので
とてもたくさんの日記が、ここにはあります。

読み返して、懐かしく思ったり、
もう一度、感動したり・・・。
私の財産であり、子供達に残してあげられる
大切な子育てバイブルです。

10年間の子育ては、本当に楽しかった。
大変な事も沢山あるけど、
どれも愛しい思い出になってしまいました。

もちろんまだまだ続くのですが、
10歳を過ぎた頃から、
自分のための まとまった時間が
取れるようになりました。

それは、お互いの信頼関係が
出来上がった証拠です。

目はかけても、手は出さない。
そっと見守る子育てにシフトする事が
出来るようになったからです。


子育てには終わりがあり、
みんないつか 子供は自立していきます。

まだまだ自立したとは
思っていませんが、
その入り口に、彼らはもう立っている。

時々振り向いた時、
満面の笑みで微笑んであげられれば、
それが、今の私の母親としての
仕事だと思います。



今からお母さんになっていく
ママ達へ、


未成熟な母親でも、何とかなる♪
私がそうだったように。

上手に出来ないから、ごめんね。なんて
思う必要ない。
母親=完璧 ではない!

子どもにとっての一番は、
母親が笑顔でいる。ただそれだけ。

お母さんが、笑っていれば、
子どもは必ず笑顔になります。

お母さんが笑っていれば、
子どもは幸せを感じ取ります。

お母さんが笑っていれば、
子どもは自然と自信を持ちます。

お母さんの笑顔は、
どんな教えよりも、
『最強』の教育 だと、
私は思います(^−^)

まずは、自分を大切にね♪

ボラギノール風・・・
1歳6か月 亮太

IMG_0091.JPG
11歳6か月 亮太


長い間、ご拝読くださり、
ありがとうございました。

ホームページを閉店するわけではありませんので、
ご安心を♪
これからは、子育て日記のブログ内容を
リメイク教室「新米ママの家庭科部」
に切り替えたいと思います。

頂きもののタオルの
リメイク活用方法や、
お下がりのベビー服のリメイク。
ママのお洋服を赤ちゃん用に
リメイクする方法など・・・

リメイク教室のご案内も
ブログを通して ご案内いたします。
お楽しみに♪


これからも末永く
よろしくお願いいたします。

ベベクチュール 高桑文子

追伸・・・instagramでは引き続き日常の子供達の様子をアップしています♪ 

ユーザーネーム

ayako.bebe_couture


5/18 未来の恋



いつか恋をするだろう。


それほどに遠くない未来に 君は。



もう11歳の春。


そこそこ私の鼻くらいまで 成長している。



腕の筋肉が強くなり、


少し引っ張られると ふらついてしまう。



『何でもいい。ママが決めて。』 が、


少なくなってきた。



おしゃれな靴を 選ぶようになり、


鏡を見て 髪を整えてから出かけるようになり、


少し濃い目のカフェオレを 好むようになった。



大人へ 近づいてくるのに、


遠くへ 離れていくようで、


寂しく感じる・・・。




いつか恋をするだろう。近い将来 君は。



歯を 丁寧に磨くようになるよ。


前髪を 気にするようになるよ。


携帯を 持ちたいと思うようになる。




もう、 私を探さなくなるよ。




辛くて苦しくて切なくて、


最高に楽しい恋をする時、


君の中に、彼女以外は 何もなくなる。


君は君の力で 支えてあげなければいけないの。



大切 にね。


優しく ね。



それが、ママの教えてきた、


『本当の強さ』 です。


ページトップへ